闘う言葉

[闘う言葉] 2017/11/20

闘う言葉

 FW 27 三平和司「昨季よりも自分たちのサッカーというものがはっきりしている」

 

——シーズンを振り返って。

チームとして成長できたし、完成度も高まって、充実した良いシーズンだった。

——今日は相手が引いてきて、難しい試合になった。

今日は難しい試合だったが、この内容でも勝ち切れたことが大きかった。

——難しかった前半から、三平選手の駆け引きの部分ではチャンスを作れていたのだが。

あれだけ相手が見れていない状態で、しっかりパスが出てくれば行けるのにというシーンが結構あったので、そこを高めていかなくてはならないし、どんな相手でも自分たちのサッカーが出来るようになっていかなくてはならない。

——途中からは鈴木惇選手からボールが出る場面も増えたのでは。

(鈴木)惇も狙うと言っていたのだが、狙えるだけに、全部狙ってしまうと長いボールばかりになって自分たちのサッカーではなくなってしまう。そこで流れを見ながらというのが難しかった。

——戦力外になった選手もいるが、そういうところへの思いはあったか。

プロの世界なので仕方ないことなのだが、毎年この時期はイヤだと思う。それは自分にも起こりうることなので、シーズンをしっかり戦って少しでも長くやりたいし、ヤマさん(山口貴弘)も言っていたが、やり続けることで次の道につながると思うので、やり続けなくてはならないと思う。

——今季はいろんな形ややり方の相手に対して、こちらもいろんな形ややり方で戦えるようになった。

対応できるフォーメーションが多くなったし、良い形で終われる試合が多くなっていた。

——今季、チームとしていちばん成長したと感じる点は。

昨季よりも自分たちのサッカーというものがはっきりしているし、みんながそれをわかってやっていることで、見ていて楽しいサッカーになったと感じたとき。何試合かあったが、試合を重ねるたびに良くなっていたので。今日の内容はちょっと残念だったが、内容の良い試合が増えてきて良かった。

——昨季は絶対に昇格しなくてはならないこともあり戦術変更を余儀なくされたが、今季は結果も求めつつ内容を高めていけた。

ブレずにやれたと思うし、負けた試合には共通点があるので、来季はそこを修正していければと思う。

——共通点とは。

前からタイトに来るチームに対しては、あまり良いサッカーが出来なかったイメージがある。そこをどうかいくぐるかを、また練習していかなくてはならない。来季もこのチームでプレーすることになれば、このサッカーをもっと完成度を高めていきたい。本当に良いサッカーをしてきたので。自分自身ももっと得点しなくてはならないし、そういうところをこのオフでしっかり鍛えて来季に臨めたらと思う。

 


関連記事