最新試合情報

8月26日(土)19:00 @維新百年記念公園陸上競技場

2017明治安田生命J2リーグ第30節 レノファ山口FC vs 大分トリニータ

【HOME】 レノファ山口FC

2 1 前半 1 3
1 後半 2

試合終了

【AWAY】 大分トリニータ

スターティングメンバー
GK42吉満 大介
DF2宮城 雅史
DF4福元 洋平
DF16パク チャニョン
DF19星 雄次
DF21廣木 雄磨
MF5佐藤 健太郎
MF11鳥養 祐矢
MF40小塚 和季
FW9岸田 和人
FW28レオナルド ラモス
サブメンバー
GK33山田 元気
DF30アベル ルシアッティ
MF15池上 丈二
MF17加藤 大樹
MF24マルセロ ビダル
MF29三幸 秀稔
MF8小野瀬 康介

24分 福元 洋平

54分 レオナルド ラモス

得点

17分 伊佐 耕平

58分 三平 和司

87分 鈴木 惇

12

シュート

14
6

FK

12
3

CK

4
0

PK

0

  50分 岸田 和人

  85分 三幸 秀稔

警告
退場

  41分 後藤 優介

選手交代

75分 岸田 和人  加藤 大樹

84分 佐藤 健太郎  三幸 秀稔

87分 レオナルド ラモス  小野瀬 康介

60分 山岸 智  シキーニョ

65分 三平 和司  前田 凌佑

85分 小手川 宏基  姫野 宥弥

試合環境
入場者数 6,867人 天気
気温 25.9℃ 湿度 84%
主審 西山 貴生 副審 大西 保、日高 晴樹
スターティングメンバー
GK21上福元 直人
DF5鈴木 義宜
DF4竹内 彬
DF6福森 直也
MF7松本 怜
MF20小手川 宏基
MF33鈴木 惇
MF16山岸 智
FW9後藤 優介
FW27三平 和司
FW18伊佐 耕平
サブメンバー
GK31高木 駿
DF14岸田 翔平
MF10シキーニョ
MF17國分 伸太郎
MF24姫野 宥弥
MF32前田 凌佑
FW11林 容平

J'sゴールテキストLive

関連記事

ハイライト

試合コメント

ハーフタイムコメント

片野坂 知宏 監督

・ラインをコンパクトにするように
・セカンドボールを狙え
・サイドの駆け引きに負けないように

試合後コメント

片野坂 知宏 監督

いまはまず、アウェイの厳しい試合で勝ち点3を取れたことをうれしく思っている。ここ数試合、勝ちきれなかったので、勝てたことでほっとしている部分はある。
 
ただ、今日は本当に難しいゲームだった。山口さんも自分たちのカラーを出してきたし、危ない場面もあって、若干ラッキーなところもあった。あそこで追加点を取られてしまうと、おそらく勝ち点3を逃していたと思う。なんとかそこをしのぎきったことで、ご褒美をもらえた。みんなが最後まで気持ちを入れて戦った結果だと思う。
 
山口さんがわれわれに対してどういう形で来るかは難しさがあった。前節の徳島戦では4バックだったが、今節のわれわれに対しては3枚で合わせ、小塚くんがトップ下で嫌なポジションを取ってきた。そういうところで後手になったりピンチになったりするところを、チームとしても管理したかったのだが、その前の鳥養くんと佐藤くんのところで上手く潰すことができずに後手に回っていた。そういうところで守備を修正していかなくてはならない。
 
攻撃では、これまで途中出場の多かった伊佐が先制点という結果を出してくれて、同点弾も最後の得点にしても、みんなで取れているところは続けていきたい。ただ、まだわれわれのやりたい攻撃の形で、もう少し押し込めたりチャンスを作ったりもできるのではないか。そういうところをもっとトライして積み上げていかなくてはならない。
 
今日は維新百年記念公園競技場まで、大分のファンやサポーターがたくさんゴール裏で応援してくださって、本当に心強かった。感謝している。最近はなかなか勝ち点3をプレゼントすることが出来なかったので、今日はそれが出来て本当に良かった。
 
次節はホームで群馬を迎え撃つのだが、われわれは最近、ホームで勝てていない現状。群馬さんは下位で低迷しているが、簡単なゲームにはならないと思う。今日のように最後まで戦って勝ち点3を積み上げられるように準備し、目の前の試合に最大値を出していきたい。

選手コメント

MF 33 鈴木 惇

得点シーンは、難しいボールだったし、疲れていたので、もう何も考えずに飛び込んだ。それが逆に良かったのかもしれない。ああいう疲れた時間帯に生まれる隙が得点につながっているので狙い目だと思う。前節のゴールシーンに続き、崩しの形も良いので入るタイミングが取りやすい。これを続けていきたい。
 
一度は逆転されたが、1点差ならひっくり返すチャンスがあると、ピッチの中で話していた。悪い時間帯は割り切ってプレーすることで意思統一できていたので、それほど焦りはなかった。
 
相手のトップ下を警戒していたが、やはり厄介だった。前半は、自分が小塚くんに、後ろはレオナルド・ラモスにちょっと引っ張られて、相手のボランチのところにプレッシャーに行けなかった。ハーフタイムにそこを怖がらずにやろうと話し、失点はしたが修正できたことが、最後の逆転勝利につながったと思う。

FW 18 伊佐 耕平

ここのところ、チームが結果が出ていなかったので、勝ちたいという気持ちで臨んだ。やりにくい相手で、プレッシャーもかなりあったが、今日はシュートを打とうと思っていたので、先制点が取れて良かった。
 
ピンチが多かった。こちらのミスが多く、切り替えも遅かったので、もう一回しっかり気持ちを引き締めないと、また同じ形でやられてしまう。全体的な課題。疲れから来る緩さもあるだろうし、逆転されてからピンチが多くなったのは雰囲気に呑まれたのもあると思う。
 
正直ヤバいと思っていたが、相手がシュートを外してくれたのと、さんぺーさん(三平和司)が早めに同点ゴールを入れてくれたので、だいぶ落ち着いた。この勝利を自信につなげ、次節も勝てるようにしたい。同じことをやっていては勝てないので、率先して声を出し、1週間でしっかり準備したい。