最新試合情報

9月2日(土)19:00 @大分銀行ドーム

2017明治安田生命J2リーグ第31節 大分トリニータ vs ザスパクサツ群馬

【HOME】 大分トリニータ

1 1 前半 0 0
0 後半 0

試合終了

【AWAY】 ザスパクサツ群馬

スターティングメンバー
GK21上福元 直人
DF5鈴木 義宜
DF4竹内 彬
DF6福森 直也
MF7松本 怜
MF20小手川 宏基
MF33鈴木 惇
MF16山岸 智
FW9後藤 優介
FW27三平 和司
FW18伊佐 耕平
サブメンバー
GK31高木 駿
DF14岸田 翔平
MF10シキーニョ
MF17國分 伸太郎
MF24姫野 宥弥
MF32前田 凌佑
FW11林 容平

28分 鈴木 惇

得点

 

9

シュート

6
8

FK

11
3

CK

4
1

PK

0

  

警告
退場

  71分 パク ゴン

選手交代

63分 山岸 智  シキーニョ

78分 伊佐 耕平  林 容平

87分 三平 和司  前田 凌佑

63分 小林 竜樹  高井 和馬

76分 高橋 駿太  マテウス

82分 阿部 巧  石田 雅俊

試合環境
入場者数 7,418人 天気
気温 24.6℃ 湿度 66%
主審 山岡 良介 副審 蒲澤 淳一、浜本 祐介
スターティングメンバー
GK1清水 慶記
DF2舩津 徹也
DF20パク ゴン
DF43ヨ ソンヘ
DF5阿部 巧
MF7高橋 駿太
MF30松下 裕樹
MF28岡庭 裕貴
MF6小林 竜樹
FW9山岸 祐也
FW33カン スイル
サブメンバー
GK41牲川 歩見
DF19一柳 夢吾
MF14石田 雅俊
MF15岡田 翔平
MF26高井 和馬
MF8鈴木 崇文
FW10マテウス

J'sゴールテキストLive

関連記事

ハイライト

試合コメント

ハーフタイムコメント

片野坂 知宏 監督

・セカンドボールは繋ぐのか、蹴るのかハッキリすること
・サイドからのチャンスはやり切って終えること
・後半も0-0のつもりで集中を切らさずに

試合後コメント

片野坂 知宏 監督

まずはJ2ホーム100勝おめでとうございます。今日、ひさしぶりにホームで勝ち、そこをクリアできてうれしい。クラブの歴史の中で、これまでの方々が積み上げてきたものがあり、そこにわたしも携われたことを本当に光栄に思う。もっと早いうちに100勝できれば良かったのだが、応援に来てくださるファンやサポーターの方々に残念な思いをさせていた中で、今日は本当に良かった。
 
今日は何が何でもホームで勝ちたい、泥臭くても勝利を目指してやろうと選手にも話して臨んだ。選手は最後まで集中を切らさずに、(鈴木)惇のセットプレーの1点を守り切る形にはなったが、ひさしぶりにクリーンシートで終われたことと勝ち切れたことは、ポジティブに次に生かしていきたい。
 
ただ、ゲームの方は、群馬さんの勢いに押され、われわれのサッカーがあまり出来なかった。僕の中ではフラストレーションの溜まるゲーム展開になった。いまのチーム状態、ホームで勝てていない状況の中では仕方ない部分もあるかと思うのだが、トレーニングから積み上げて、もっとトライさせなくてはならないと同時に、やはり結果にこだわっていくことも大事。自分たちらしい戦いができて、勝ち点3を取れるように、残りの11試合でもトライしていきたい。

選手コメント

DF 4 竹内 彬

ここ最近、失点が続いて、守備陣としてチームになかなか貢献できていないという状況だったので、責任を感じていた。その中で、守備の部分で、内容的にはパーフェクトではないが、結果的に1-0で終われたことは、ひとつ良かったと思う。ただ、まだまだ改善しなくてはならないところがたくさんある。シーズン残り11試合に向けて、しっかり積み重ねていきたい。
 
次は強い相手だが、自分たちが上位に行くためにはどの試合も落とせないし、自分たちより順位が上のチームに勝てば、より上に行けるチャンスが広がる。来週また良い準備をして臨みたい。

MF 33 鈴木 惇

(FKを蹴ったシーンは)壁の状態やGKを見て、3人で決めた。今季はFKからはまだ1点も決めていないのに、その割に相手が警戒している感じがあったので、冷静に決めることができた。隅を狙って蹴ると思わせたかったので、あまり下を強く向くような蹴り方だと読まれるかもしれないと思い、敢えてゆっくり置きに行くように助走を取ってそういう蹴り方をした。
 
自分はボランチなので、3試合連続で得点するということはこれまでなかった。今日のホームでそれができて、勝利につながったことがうれしい。ただ、リーグ戦はまだ続くし、今日もミスからカウンターを受けたり、試合運びのところでうまく行かない部分もあったので、良い部分は続けながら、課題にもしっかり目を向けていきたい。