最新試合情報

5月8日(水)19:00 @昭和電工ドーム大分

2019JリーグYBCルヴァンカップLC5 大分トリニータ vs ヴィッセル神戸

【HOME】 大分トリニータ

2 0 前半 1 1
2 後半 0

試合終了

【AWAY】 ヴィッセル神戸

スターティングメンバー
GK31ポープ ウィリアム
DF6福森 直也
DF8丸谷 拓也
DF16岡野 洵
DF19星 雄次
DF39庄司 朋乃也
MF20小手川 宏基
MF40長谷川 雄志
FW9後藤 優介
FW27三平 和司
FW46U-21伊藤 涼太郎
サブメンバー
GK22ムン キョンゴン
DF38U-21高畑 奎汰
DF49羽田 健人
MF11馬場 賢治
MF25小林 成豪
MF44ティティパン
FW45オナイウ 阿道

69分 後藤 優介

76分 ティティパン

得点

38分 山口 蛍

8

シュート

7
5

FK

6
0

CK

4

PK

  

警告
退場

  

選手交代

65分 小手川 宏基  高畑 奎汰

66分 三平  和司  ティティパン

76分 伊藤 涼太郎  オナイウ 阿道

62分 大﨑 玲央  西 大伍

64分 小川 慶治朗  古橋 亨梧

81分 三田 啓貴  安井 拓也

試合環境
入場者数 6,268人 天気
気温 18.1℃ 湿度
主審 家本 政明 副審 西橋 勲、赤阪 修
スターティングメンバー
GK1前川 黛也
DF25大﨑 玲央
DF3渡部 博文
DF15宮 大樹
DF27U-21郷家 友太
MF6セルジ サンペール
MF14三田 啓貴
MF5山口 蛍
FW13小川 慶治朗
FW17ウェリントン
FW21田中 順也
サブメンバー
GK28吉丸 絢梓
DF2那須 大亮
DF22西 大伍
MF31中坂 勇哉
MF35U-21安井 拓也
FW16古橋 亨梧
FW20増山 朝陽

J'sゴールテキストLive

関連記事

試合コメント

ハーフタイムコメント

片野坂知宏監督

・残り45分、出し切ること
・攻撃は粘り強く、絶対に得点できるので続けること
・守備も粘り強く戦うこと

試合後コメント

片野坂知宏監督

ルヴァンカップでわれわれはここまで1勝1分2敗で、今日負けてしまうと予選突破は非常に厳しい状況になる。その中でもとにかく神戸さん相手でもチャレンジしようということで、選手を送り出した。神戸さんの今日のメンバーを考えたら、本当に今日の勝利は金星にあたるのではないか。選手にとっても非常に自信になると思うし、このような相手に対しても、自分たちが積み上げてきたことを90分切らさずにトライして戦うことによって、勝点3をつかみ取ったと感じている。内容的にも勝利に値するプレーをしていたと思うし、神戸さんのこのメンバーに対しても、勇気をもってチャレンジしてくれたと思う。非常に大きく、またリーグ戦にもつながる勝利になった。
 
ただ、すぐにリーグ戦があるし、ルヴァンカップもグループステージ突破が決まったわけではない。まずは選手がしっかりと回復し、週末の湘南戦に向けて全体がいい状態で迎えられるようにいい準備をし、継続して切らさずにやっていきたい。
 
——試合を重ねるごとにルヴァンカップに出ているメンバーも連係が深まっているのでは。
 
ルヴァンカップはリーグ戦の合間ということで、ターンオーバーしてリーグ戦に出ていないメンバーを使うことが多いが、トレーニングからしっかりとコミュニケーションをとりながら、攻守に連動できるよう合わせてやっている。非常に成長を感じているし、一人ひとりがそのゲームに対しての狙いをしっかりと理解した中でチャレンジしているのがいいと思う。ルヴァンカップはホームで勝っているが、ホームにたくさん来ていただいた方々にそういうプレーを見せていることが大事。ただ、まだ足りていないところもあるし、精度を上げなくてはならないところ、粘り強くやらなくてはならないところはトレーニングから積み上げ、今後もチーム力を上げるためのルヴァンカップのチャレンジ、そしてそれをリーグ戦に生かせるような形を作っていきたい。

選手コメント

FW 9 後藤優介

前半はなかなか自分たちの形でできなかった。失点してしまったところはもったいなかったが、後半も盛り返して戦えたことはよかった。
 
——流れを引き寄せる同点ゴールだった。
 
何も考えずに打ったのだが、入ってよかった。トラップを少しミスったので打つしかないと思った。体格の大きくない自分はああいう形に持っていくことはあまりないのだが、相手があまり寄せてこなかったのがわかったので、振り向きざまに打てた。でも他にもチャンスがあった中で、もっと落ち着いて打つようにしなくてはならない。満足はできないが、チームの勝利に貢献できたのはよかった。

GK 31 ポープ・ウィリアム

前回対戦から修正して試合に臨めた。失点場面は数少ないピンチの中で決められてしまった。あれを自分が止めていれば、もっと楽に試合を進めることができたはず。そこは反省している。後半は神戸があまりプレッシャーに来なくなってから、チャンスが多く作れるようになった。全員で勝ち取った、チームに勢いをもたらす勝利だった。この収穫はリーグ戦にもつながっていくと思う。
 
——かなり後ろから指示を出していたようだが。
 
神戸はボランチが攻撃の起点になっていて、そこで剥がされていたので、そこに対してプレスの掛け方を変えるように指示した。ヨシさん(吉坂圭介GKコーチ)からもガンガン声を出すようにと言われている。もっと突き詰めていきたい。