最新試合情報

5月18日(土)16:00 @昭和電工ドーム大分

2019明治安田生命J1リーグ第12節 大分トリニータ vs 清水エスパルス

【HOME】 大分トリニータ

1 0 前半 1 1
1 後半 0

試合終了

【AWAY】 清水エスパルス

スターティングメンバー
GK1高木 駿
DF5鈴木 義宜
DF29岩田 智輝
DF38高畑 奎汰
MF4島川 俊郎
MF7松本 怜
MF19星 雄次
MF40長谷川 雄志
FW10藤本 憲明
FW14小塚 和季
FW45オナイウ 阿道
サブメンバー
GK31ポープ ウィリアム
DF3三竿 雄斗
DF39庄司 朋乃也
MF44ティティパン
MF8丸谷 拓也
FW11馬場 賢治
FW9後藤 優介

47分 岩田 智輝

得点

34分 ドウグラス

8

シュート

12
10

FK

10
9

CK

2

PK

  33分 高木 駿

  77分 岩田 智輝

  89分 島川 俊郎

警告
退場

  64分 ファン ソッコ

選手交代

38分 高畑 奎汰  三竿 雄斗

65分 星 雄次  ティティパン

90分 小塚 和季  庄司 朋乃也

62分 中村 慶太  西澤 健太

79分 北川 航也  飯田 貴敬

90+1分 ドウグラス  鄭 大世

試合環境
入場者数 11,563人 天気 屋内
気温 19.8℃ 湿度 76%
主審 上田 益也 副審 馬場 規、西村 幹也
スターティングメンバー
GK1西部 洋平
DF2立田 悠悟
DF3ファン ソッコ
DF26二見 宏志
DF25松原 后
MF7六平 光成
MF6竹内 涼
MF30金子 翔太
MF20中村 慶太
FW23北川 航也
FW49ドウグラス
サブメンバー
GK13六反 勇治
DF27飯田 貴敬
DF5鎌田 翔雅
MF14楠神 順平
MF16西澤 健太
MF17河井 陽介
FW9鄭 大世

J'sゴールテキストLive

関連記事

試合コメント

ハーフタイムコメント

片野坂知宏監督

・自分たちのミスは後半みんなで取り返すこと
・リスク管理をしっかり
・まだ45分ある。ひっくり返そう

試合後コメント

片野坂知宏監督

雨の中、たくさんの方が来てくださり、勝点3を願って最後まで応援してくださったのだが、勝点1に終わり本当に申し訳なく思っている。今日のゲームはお見せするに値しない非常に悪いゲームだった。自分を含めて反省します。
 
清水さんは監督が代わられて、どのような形で来るかがわからない部分もあったのだが、そのような相手に対して、自分たちがこれまで積み上げてきたものをほとんど表現できなかった。清水さんもわれわれに対して非常にいい準備し、しっかりと対策を練ってこられた。わたしを含めて選手も油断があり、非常にもったいない試合で、今日は負けに等しいゲームだったのではないかと感じている。その中でも勝点1を取れたのはポジティブなことなのだが、やってはいけないゲームだったと反省します。
 
すぐにルヴァンカップがあり、アウェイでC大阪と最終節。リーグ戦もホームで川崎F戦がある。同じことを繰り返さないようにトレーニングからいい準備をして、もっといいゲームができるよう積み上げて準備したい。
 
——内容のよくないゲームになった要因は、戦術的なものかメンタル的なものか。
 
両方あると思う。まず、メンタル的なところでは入りが悪かった。ミスからピンチを招いたり失点につながったり。そういうところでは選手のつながりとか自分たちらしさがまったく出なかったし、逆に相手はそういうところを狙っていたと思う。判断が悪かった。戦術的なところでも、どうしていいかわからないような感じになっていたのではないかと思う。そのようなときにはこうしようというトレーニングもしていたのだが、そういうところで選手に迷いがあったのかなと。それと、なんとなくやれば勝てるのではないかという油断がもたらした結果なのではないか。それが悪いゲームにつながったと感じている。

選手コメント

FW 10 藤本憲明

前半に失点したことがすべてだった。もう少し前半のうちに修正できた部分もあったと思う。後半は修正できて得点できたし、追加点を取るチャンスもあった。こういう悪いゲームをどう勝点3につなげていくかが、今後は大事になってくる。今日も負けてはいないので、次はしっかり勝って、このような内容のゲームは二度としないようにしたい。来週はルヴァンカップもあるので、チーム全員で準備していきたい。
 
——うまくいかなかったポイントは。
 
相手のブロックを崩せなかったことと、球際で戦う姿勢などサッカーの基本的なところが足りなかった。ホームで、気持ちを出したプレーが必要だった。

DF 29 岩田智輝

今日は試合の入りが悪かった。全体的にふわっとした雰囲気で入ってしまった。そこで気づいて引き締めることができればよかったのだが、自分たちで感じることができていなかった。感じることができていない時点で、そういう雰囲気になってしまっていたのかと思う。得点シーンはクロスのつもりで入れた。得点できてよかったが、ビルドアップのときに前に入れるパスや、つけた後のクロスをもっと改善しなくてはならない。
 
——相手にサイドを封じられて得意の形を出せなかったが。
 
自分たちの動かしの部分でテンポが遅かった。相手にうまく消されていて、自分と(高畑)奎汰やミサくん(三竿 雄斗)が、あまり前に関われなかった。自分たちでそれに気づいて改善できていれば、もう少し展開は変わったのかと思う。