最新試合情報

3月18日(土)14:00 @大分銀行ドーム

2017明治安田生命J2リーグ第4節 大分トリニータ vs 徳島ヴォルティス

【HOME】 大分トリニータ

0 0 前半 1 1
0 後半 0

試合終了

【AWAY】 徳島ヴォルティス

スターティングメンバー
GK21上福元 直人
DF5鈴木 義宜
DF4竹内 彬
DF6福森 直也
MF29岩田 智輝
MF20小手川 宏基
MF33鈴木 惇
MF7松本 怜
FW9後藤 優介
FW27三平 和司
FW18伊佐 耕平
サブメンバー
GK31高木 駿
DF14岸田 翔平
MF16山岸 智
MF17國分 伸太郎
MF24姫野 宥弥
FW11林 容平
FW48川西 翔太

 

得点

30分 渡 大生

6

シュート

18
11

FK

16
6

CK

4
0

PK

0

  55分 竹内 彬

警告
退場

  23分 小西 雄大

  73分 ヴァシリェヴィッチ

選手交代

65分 後藤 優介  國分 伸太郎

82分 三平 和司  川西 翔太

89分 松本 怜  姫野 宥弥

59分 前川 大河  石井 秀典

77分 杉本 太郎  内田 裕斗

81分 渡 大生  アシチェリッチ

試合環境
入場者数 7,150人 天気 屋内
気温 17.8℃ 湿度
主審 清水 修平 副審 蒲澤 淳一、浜本 祐介
スターティングメンバー
GK21梶川 裕嗣
DF22広瀬 陸斗
DF4藤原 広太朗
DF2ヴァシリェヴィッチ
DF27馬渡 和彰
MF8岩尾 憲
MF11島屋 八徳
MF23前川 大河
MF26杉本 太郎
MF32小西 雄大
FW16渡 大生
サブメンバー
GK31長谷川 徹
DF5石井 秀典
MF10大﨑 淳矢
MF13松村 亮
MF19内田 裕斗
MF28井澤 惇
FW9アシチェリッチ

J'sゴールテキストLive

関連記事

ハーフタイムコメント

片野坂知宏 監督

・相手のフォーメーションにしっかり対応しよう
・奪ったボールをしっかりつなぐこと
・絶対勝てる。トライしていこう

試合後コメント

片野坂知宏監督

ホーム連戦ということで勝点を挙げたかったのだが、残念な結果になり、悔しいのと、サポーターの方々に申し訳ない気持ちでいる。
 
選手は立ち上がりで少し受けに回りすぎた感じがあって、押し込まれる状態が続き、そこから失点してしまった。決して構えて入ったわけではないと思うのだが、徳島さんの勢いを受けてしまった形になった。後半はもう少しアグレッシブな戦いをしようと選手に伝え、選手も戦ってくれて盛り返す時間も多くなった。チャンスはそこまではなかったが、なんとか1点取って、せめて勝点1でも取れるようなゲームを続けていかないと、J2の中で上位に行く、あるいは残留するという目標も厳しくなってくると、今日は感じた。
 
ただ、4試合終わっただけで、残り38試合ある。まだまだ積み重ねていかなくてはならないし、もっともっと良い試合を出来る、日頃のトレーニングから積み上げていくことが大事だということを選手にも伝えた。次節はアウェイで厳しい戦いになると思うが、今日よりも良いゲームが出来るように準備して、勝点を挙げられるように、また前を向いて準備させていきたい。

選手コメント

DF 4 竹内彬

試合前にも、しっかり相手の立ち位置を見ながら自分たちのサッカーをやっていこうという話があったので、そういうつもりでやっていたのだが、前半は守備に回る時間が多くなってしまった。バイタルエリアで相手がボールを持ったりドリブルで仕掛けてきたりしたのを、なかなかつかまえることが出来なかった。
 
こちらも少しやり方を変えて改善していこうとしたのだが、失点してしまった。押し込まれても失点しなければゲームはしっかり進めていけるので、自分も含めて修正が必要。混戦になってなかなかかき出せずにいたところを詰められてしまったので、映像を見ながら反省したい。後半はチャンスも作れていたし、得点機もあったので、そういう戦いが前半から出来るように高めていきたい。

MF 17 國分伸太郎

スタジアムの雰囲気には慣れているので、自分が出場したからには何か結果を残そうと思っていた。(出場したときには)フォーメーションも変わっていて、監督からの指示があったとおり、中間ポジションを取ってボールに絡んでいこうと。僕は1対1のところで仕掛けるのが仕事なので、サイドでボールを持ったりして積極的にやろうと思った。結果として何か残せれば良かったのだが…。次にチャンスがあればしっかり結果を残したい。
 
前を向いたあとの判断やパスの質も課題だし、勝負のパスを入れることも必要になってくる。今後はそういうところに磨きをかけて出場機会につなげられればと思う。次節からはもう「Jデビューだから」という言い訳は出来ないので、チームに貢献できるように頑張りたい。