最新試合情報

3月26日(日)13:00 @えがお健康スタジアム

2017明治安田生命J2リーグ第5節 ロアッソ熊本 vs 大分トリニータ

【HOME】 ロアッソ熊本

0 0 前半 1 1
0 後半 0

試合終了

【AWAY】 大分トリニータ

スターティングメンバー
GK30佐藤 昭大
DF29齋藤 恵太
DF4園田 拓也
DF26光永 祐也
DF7片山 奨典
MF28林 祥太
MF6村上 巧
MF20上里 一将
MF39嶋田 慎太郎
FW36巻 誠一郎
FW10平繁 龍一
サブメンバー
GK21野村 政孝
DF5植田 龍仁朗
MF17岡本 賢明
MF22上原 拓郎
FW11グスタボ
FW14田中 達也
FW9安 柄俊

 

得点

43分 伊佐 耕平

10

シュート

12
15

FK

8
7

CK

9
0

PK

0

  23分 上里 一将

  63分 村上 巧

警告
退場

  

選手交代

65分 巻 誠一郎  安 柄俊

74分 平繁 龍一  グスタボ

85分 林 祥太  岡本 賢明

72分 黒木 恭平  國分 伸太郎

74分 三平 和司  川西 翔太

90+2分 後藤 優介  坂井 達弥

試合環境
入場者数 10,056人 天気 晴時々曇
気温 18.5℃ 湿度 65%
主審 西山 貴生 副審 中井 恒、森川 浩次
スターティングメンバー
GK21上福元 直人
DF4竹内 彬
DF5鈴木 義宜
DF14岸田 翔平
MF7松本 怜
MF20小手川 宏基
MF33鈴木 惇
MF3黒木 恭平
FW9後藤 優介
FW27三平 和司
FW18伊佐 耕平
サブメンバー
GK31高木 駿
DF35坂井 達弥
MF16山岸 智
MF17國分 伸太郎
MF24姫野 宥弥
FW11林 容平
FW48川西 翔太

J'sゴールテキストLive

関連記事

試合コメント

ハーフタイムコメント

片野坂知宏 監督

・後ろからのビルドアップはどんどんトライしよう
・風に注意してセカンドボールを処理すること
・決定機を決めること

試合後コメント

片野坂知宏 監督

九州ダービーのアウェイということで厳しい試合になるだろうと覚悟して臨んだ。選手たちが最後まで粘り強く我慢強く戦ってくれたと思う。ファンやサポーターの方々がたくさん応援に駆けつけてくださったなかで、勝点3をプレゼントできて良かった。
 
ゲームのほうは、熊本さんは前から激しくプレスをかけてくるだろうと予想していたが、その予想どおりの展開で、危ない場面もあり、失点する可能性もあった。だが、選手たちは最後までこだわってプレーしてくれた。良い部分も修正しなくてはならない部分もあったが、われわれはこういうサッカーを目指しているのだということを示せたと思う。
 
チャンスも決定機も相手を上回っていたと思うが、追加点が入らず苦しくなり、最後まで熊本さんに勢いを与えてしまった。2点目、3点目のチャンスで仕留めることが出来ていればもっと楽な展開になった。
 
ただ、試合の中でトライしていくことで、また結果が出たことで、選手たちも自信をもってプレーできるようになる。これからも継続してわれわれらしく積み上げていきたい。

選手コメント

DF 4 竹内彬

ビルドアップの過程でミスも起きたが、今日は徹底的にトライしようということで臨んだ。監督もトライしようというメッセージを送ってくれた。これまでは勝負ごとである試合のなかで、リスクとトライの比率を考えてプレーしていたため、やるべきことが出し切れていなかったので、トライの部分をもっと出していこうとみんなで話し合った。
 
周囲のサポートや反応、意思統一などが出来ていなくてはビルドアップは上手く行かない。これからも精度を上げながら積み上げ、自分たちのスタイルを確立していきたい。

DF 14 岸田翔平

今季初先発だったが、プレシーズンからコンセプトを徹底してトレーニングしてきたので、ぶっつけ本番という感じはまったくなかったし、やるべきこともわかっていたので落ち着いてプレーすることが出来た。怪我人が出たことでの出場でもあったが、チームとしてやることを誰が出てもやれるようにとトレーニングしてきたなかで、それを表現することに努めた。個人的に試合経験を積めたこともそうだが、何よりもチームが勝てて良かった。課題が出た部分もあったので、また映像を見返しながら修正していければと思う。
 
僕の出たサイドは相手が攻撃的に来るサイドだとミーティングでも聞かされていた。(松本)怜くんが一列前にいたので守備でも頑張ってくれるだろうし、カウンターを仕掛けられてもスピードを生かして戻ってくれるだろうと信頼もしていた。理想はもっと攻撃できれば良かったのかもしれないが、最終ラインなのでまず守備のことを考えてプレーした。