最新試合情報

8月16日(水)19:00 @大分銀行ドーム

2017明治安田生命J2リーグ第28節 大分トリニータ vs 東京ヴェルディ

【HOME】 大分トリニータ

0 0 前半 2 2
0 後半 0

試合終了

【AWAY】 東京ヴェルディ

スターティングメンバー
GK21上福元 直人
DF5鈴木 義宜
DF4竹内 彬
DF6福森 直也
MF7松本 怜
MF48川西 翔太
MF33鈴木 惇
MF10シキーニョ
FW9後藤 優介
FW20小手川 宏基
FW27三平 和司
サブメンバー
GK1修行 智仁
DF14岸田 翔平
DF2山口 貴弘
MF16山岸 智
MF32前田 凌佑
FW18伊佐 耕平
FW19大津 耀誠

 

得点

16分 ドウグラス ヴィエイラ

26分 ドウグラス ヴィエイラ

7

シュート

9
7

FK

15
6

CK

3
0

PK

0

  33分 竹内 彬

  56分 鈴木 惇

警告
退場

  

選手交代

58分 シキーニョ  前田 凌佑

67分 福森 直也  岸田 翔平

76分 三平 和司  伊佐 耕平

61分 ドウグラス ヴィエイラ  カルロス マルティネス

70分 梶川 諒太  橋本 英郎

84分 渡辺 皓太  林 昇吾

試合環境
入場者数 6,440人 天気
気温 27.8℃ 湿度 79%
主審 佐藤 隆治 副審 櫻井 大輔、眞鍋 久大
スターティングメンバー
GK1柴崎 貴広
DF23田村 直也
DF3井林 章
DF5平 智広
MF2安西 幸輝
MF17内田 達也
MF33渡辺 皓太
MF6安在 和樹
FW7アラン ピニェイロ
FW38梶川 諒太
FW9ドウグラス ヴィエイラ
サブメンバー
GK34内藤 圭佑
DF24林 昇吾
DF4畠中 槙之輔
MF27橋本 英郎
FW10高木 善朗
FW13カルロス マルティネス
FW18高木 大輔

J'sゴールテキストLive

関連記事

試合コメント

ハーフタイムコメント

片野坂 知宏 監督

・切り替えをもっともっと早く
・一つ一つのパスの質を上げること
・ボールのないところでいかに予測するか
・強い気持ちをもって走る、闘う!

試合後コメント

片野坂 知宏 監督

ホーム2連戦で勝てなかった責任はわたしにある。本当に申し訳ない。すみませんでした。
 
前節もそうだったし、今日の試合も相手に上回られてしまった。ここ数試合、われわれに対して良い準備をしてくる相手をなかなか崩せず、逆にやられてしまっている。本当に厳しい試合が続いている。ホームで連敗してしまったことを非常に悔しく思う。自分がどれだけ選手を準備させて勝てるゲームをさせるかというところの力不足だと痛感している。
 
選手は最後まであきらめずに点を取りに戦ってくれているし、負けない思いでやってくれている。そういうところは継続させながら、次は絶対勝てるようにしたい。連戦で短い準備期間しかないが、みなさんに勝利をプレゼントできるようにやるしかない。修正点はたくさんあるが、ここで自分たちの戦いをやめるか、継続していくか、ここからが本当に勝負になってくると思う。次もアウェイで厳しい試合が待っているが、またチーム全員でしっかりと準備して良いゲームができるようにやっていきたい。

選手コメント

DF 4 竹内 彬

——相手のプレッシャーに攻撃を阻まれていたが。
 
これはチーム全体の問題。GKや僕らDFラインから、CFの選手まで、全員が練習して積み上げ続けなくてはならない。
 
——終盤まで縦パスを入れ続けていた。
 
後半に仕切り直して、なんとかまず1点取って反撃したかったのだが、結果的に得点できず残念。
 
——チームコンセプトを貫くことに対しては。
 
戦術の使い分けは判断してやらなくてはならないが、ただ、自分たちのスタイルはしっかりと維持し、ここまで練習で積み上げてきたことを、試合で表現したい。

MF 33 鈴木 惇

——ここ最近、うまく行かない試合が続いているが。
 
連敗したからといって自分たちのやっていることを放棄せず、練習からやっていくしかない。続けていくべきだと思う。ただ、それをやるためには球際のところや戦う姿勢、出足のところなども大事になってくる。ただボールを止めて蹴る、ポゼッションするということだけ考えていても勝てない。自分たちのサッカーを目指しつつ、基本的なところも、両方しっかり続けていかなくてはならない。今日はミスが多かったのが攻撃の課題だが、守備への切り替えもちょっと遅かった。
 
いちばん悔しくて悲しいのはサポーターだと思う。僕たちはピッチで自分たちの状況を変えることが出来る。次はアウェイが2戦続くが、そこで勝って帰ってくれば、またホームゲームを見に来てもらえると思うので、サポーターのためにという気持ちをもって戦いたい。