MATCH
INFORMATION
試合情報

NEXT MATCH

HOME

2020明治安田生命J1リーグ 第20節

清水エスパルス

10.03 Sat/ 19:00

vs 清水エスパルス

昭和電工ドーム大分

※上限14,000人

PAST MATCH試合情報

2018明治安田生命J2リーグ 第3節 vs ファジアーノ岡山

01.01 Thu   14:00

シティライトスタジアム

ファジアーノ岡山
HOME
  • 前半
  • 後半
大分トリニータ
AWAY

STARTING MEMBER

  • ゴール 0点
    出場試合 0試合(通算0試合)
    出場時間 0分
    過去10試合の
    平均得点数
    0 点
    生年月日 -
    身長/体重 -/-
    出生地 -
  • ゴール
    出場試合 試合(通算0試合)
    出場時間
    過去10試合の
    平均得点数
    0 点
    生年月日 -
    身長/体重 -/-
    出生地 -

SUBSTITUTE

  • ゴール
    出場試合 試合(通算0試合)
    出場時間
    過去10試合の
    平均得点数
    0 点
    生年月日 -
    身長/体重 -/-
    出生地 -
  • ゴール 0点
    出場試合 試合(通算0試合)
    出場時間 0分
    過去10試合の
    平均得点数
    0 点
    生年月日 -
    身長/体重 -/-
    出生地 -

スタッツ

得点
0 シュート 0
0 FK 0
0 CK 0
0 PK 0
警告
退場

試合環境

入場者数
天気
気温
湿度
主審
副審

選手交代



Half time comment

ハーフタイム監督コメント

■大分トリニータ  片野坂知宏監督

落ち着いて判断していこう
セカンドボールの処理
ミスをこわがらず自信を持っていこう

Head coach comment

片野坂知宏監督

開幕2連勝中で勢いのある岡山さん相手にアウェイで厳しい戦いになると思っていたのだが、先制されて、岡山さんの堅い守備をこじ開けるのが難しかった。
 
そういう中でも自分たちの戦いの中で攻撃の狙いを表現し、ブロックを作っている相手に対しても、選手は恐れずに積極的にチャレンジしてくれたと思うし、ああいう難しい中でも最後まで得点を目指して戦ってくれた。その姿勢が僕は次につながると思うし、今後の残りの試合でもこういう状況がある中で、慌てずに自分たちの戦いが出来るように準備し、一体感をもって戦うようにしたい。
 
岡山までたくさんのファンやサポーターが応援に来て最後まで声を嗄らして応援してくださり、なんとか勝ち点1でも届けたいという思いがあったのだが、それが出来なかったのは僕の責任。選手は本当に最後まで戦ってくれた。
 
次から連戦でまた厳しい戦いが続くが、ホームで2試合戦えるので、ホームで勝ち点3を挙げられるように準備したい。
 
——前半はボールが落ち着かず悪循環に陥っていたようだったが、指示は。
 
岡山さんの出方とやり方の中で選手に状況判断させるようにしていた。岡山さんの守備が集中していてプレスも速かったのでちょっと慌てるシーンがあった。風の影響などもあったのかもしれないが、クオリティーも良くなかった。ミラーゲームになるだろうと予測した中で、攻撃はバランスや距離感、判断と質の部分がすごく大事になってくる。準備はしていて、ある程度落ち着いて後ろで回せるようになってもいたのだが、前線は少し判断や質が悪かったところが確かにあった。先発3人の関係は開幕から徐々に良くなっているので変えずにスタートし、状況によっていろんな交代が出来るかなと考えていたのだが、難しい試合だった。やはり先制点を奪われたのが痛かった。一瞬の隙を逃さない岡山さんが上だった。

Player’s comment

FW 11 林容平

——今季初メンバー入りで途中出場も果たしたが。
 
得点するために途中出場した中で、結果的に負けてしまったのでやるべき仕事は果たせなかったと思っている。1点でも取れれば良かったが、相手に引かれていて難しい状況だった。監督からも相手にボールを奪われたら全部奪い返しに行ってくれと言われていたのだが、そういう場面もあまりなかった。
 
岡山には昨季3-0で勝っていたので良いイメージはあったのだが、前半は特に内容が良くなかった。ミスも多かったし、見ていてエネルギーも感じられなかった。ミスしてもいいからエネルギッシュな試合をしなくてはならない。
 
——次節から連戦がスタートするが。
 
個人的にコンディションは良くキレもあるので、これまでもいつ出場しても大丈夫だと準備していた。ちょっと試合に出たからといって満足できるものではないので、またチャンスが来たら、次は先発で出場できるように練習試合でもアピールしたい。

DF 14 岸田翔平

試合後に(松本)怜くんたち右サイドのメンバーでも話していたのだが、あれだけ引かれた中でも3人目の動きなどで崩せ、クロスまで行くチャンスも作れたのだが、最後に決めるところが課題。引いた相手を崩すのは難しい。過程までは行けても最後を決めないと意味がない。仕留める力をつけて結果を出したい。
 
——ベンチで試合を見ていてどう感じていたか。
 
前半はなかなか思い通りに自分たちの意図するサッカーが出来なかった。相手がこちらのGKにまでプレスをかけてきているということは、ひとつ、ふたつ剥がせるようなパスを繋げれば、そこからチャンスも作れたはずなのだが、そこの精度やコミュニケーションの部分で少し合わないところがあった。やっていること自体は悪くなく、あと少しの部分を合わせていくだけだと思うので、日々の練習から積み重ねていきたい。
 
——今季初出場を果たして、ここから。
 
出場するときに指示されたことは多少なりとも出せたと思うので、練習や練習試合でアピールしてここから出場時間を伸ばし、スタートから使ってもらえるようにやり続けたい。