MATCH
INFORMATION
試合情報

NEXT MATCH

AWAY

2022明治安田生命J2リーグ 第31節

徳島ヴォルティス

08.14 Sun/ 19:00

vs 徳島ヴォルティス

鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム

PAST MATCH試合情報

 vs 

. 9:00

HOME
0
AWAY
0

STARTING MEMBER

SUBSTITUTE

スタッツ

得点
0 シュート 0
0 FK 0
0 CK 0
0 PK 0
警告
退場

試合環境

入場者数 -
天気 -
気温 -
湿度 -
主審
副審

選手交代

Half time comment

ハーフタイム監督コメント

■大分トリニータ  片野坂知宏監督

・思いきってどんどんプレーしよう
・守備はリスク管理とバランス
・早い攻撃は狙おう

Head coach comment

片野坂知宏監督

中2日の連戦で、今日の柏戦に向けてのメンバー選考を非常に悩んだ中で、今日このメンバーでチャレンジした。今日出たメンバーも普段から非常にいい準備をして集中したトレーニングをしてくれていた。なので、今日のメンバーで、ある程度、柏さん相手になんとか頑張れるんじゃないかと、選手を信じて送り出した。90分、本当に難しいゲームではあったが、後半にセットプレーからまた失点し、なんとかそこを盛り返して同点に追いついて、最後はどちらに転ぶかわからないゲーム展開になった。だが、われわれにとって、この連戦の中で、アウェイで柏さん相手に勝点1というのは非常に大きかったと思う。
 
また次のゲームが中2日でホーム最終戦の札幌戦があり、3連戦が待っている。とにかく最後の連戦を、また同じように、元気なメンバー、フレッシュな選手、そして対戦相手へのわれわれの狙いによって、しっかりと準備して、いい成果につなげ、われわれの今季の目標に少しでも近づけるようにしていきたい。

Player’s comment

DF 29 岩田智輝

——仙台戦ではミラーゲームで苦戦して、今日もミラーゲーム。どう意識して入ったか。
 
まずは自分たちのボールを持つ時間を長くすることと、持てたときにどうやって相手のコートに進入してやり切るかを話し合いながらやっていた。
 
——得点場面のシュートはそれまでにたくさんクロスを入れたからこそというところもあったのでは。
 
そうですね。あのシーンは前にスペースがあったし、誰かに当たって事故的に入ってもいいかくらいで打ったらいい感じで入ったのでラッキーだった。ゴール前で打てるチャンスがあれば打っていったほうがいいと思うし、カタさん(片野坂 知宏監督)もゴール前では思い切りやっていこうと言っていた。それを体現できてよかった。
 
——チームに勝点1をもたらしたゴールでもあったが、自身としてもあの位置から怖さを与えられるというのは大きな武器になるのでは。
 
あそこからのシュートもあると思わせれば、相手も食いついてきてそのスペースが空いたりする。クロスだけでなくシュートの怖さもあるという選手になっていきたい。
 
——チームを離れることが発表されている選手3人が先発で出場していた。どう感じながらプレーしたか。
 
契約満了選手が昨日発表されたことを受けて、少しでも力になりたいと思ったし、このゲームに勝ちたいという欲がさらに湧いてきた。
 
——彼らと話したことを、教えてもらえる範囲で。
 
いつもどおり目の前の試合にみんなで勝点3を取りにいこうと。そういうところは変わらず。特別なにかあったというわけではない。でもやっぱり、やってやろうという気持ちになった部分は、少なからずあった。