MATCH
INFORMATION
試合情報

NEXT MATCH

AWAY

2022明治安田生命J2リーグ 第31節

徳島ヴォルティス

08.14 Sun/ 19:00

vs 徳島ヴォルティス

鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム

PAST MATCH試合情報

 vs 

. 9:00

HOME
0
AWAY
0

STARTING MEMBER

SUBSTITUTE

スタッツ

得点
0 シュート 0
0 FK 0
0 CK 0
0 PK 0
警告
退場

試合環境

入場者数 -
天気 -
気温 -
湿度 -
主審
副審

選手交代

Half time comment

ハーフタイム監督コメント

■大分トリニータ  片野坂知宏監督

・集中してはいること
・セカンドボールをもっとマイボールにすること
・早くポジションをとってもっとボールを持つこと

Head coach comment

片野坂知宏監督

連戦の最後、アウェイで広島さん相手に、このような結果になってしまったことを非常に申し訳なく思う。緊急事態宣言が発令されている中、広島の地に大分からサポーターのみなさんが応援に駆けつけてくださり、最後まで一緒に戦ってくださったのだが、このようなゲームになってしまったことはすべてわたしの責任だと感じている。
 
立ち上がりから危ないシーンがあり、それをなんとかしのいで、PKではあるが先制することが出来たのはよかったのだが、われわれがやりたいことに関しても、広島さんもそういうところで上回ってこられて、難しい状況を自分たちが招いてしまった。
 
失点の仕方も非常に残念。攻撃においてのエラーがあると、やはり失点につながってしまう。広島さんはそういうところでもミスなく集中力高く、90分のゲームをしっかりとやられた感じがする。交代選手含めてのクオリティーや強度といったところも、このような点差につながったのかと感じている。
 
この敗戦をしっかりと受け止めて、少し中断があるが、また自分たちで足りない部分、今後のゲームに生かしていかなくてはならないところを、トレーニングでやっていくしかないと思う。

Player’s comment

DF 4 坂圭祐

——まずは今日の試合を振り返って。
 
いい形で早い時間帯に先制できたのだが、1失点目も再度VARでの確認などありながら、失点してしまった。ただ、(先制して前半のうちに逆転された)前節とは違って、前半を1−1で終われたことは、前節よりはよかった部分。だが、後半の頭に決められたのは、時間帯もよくなく、すごく痛かった。
 
——相手の速いパスワークや外国籍選手の個人技に対し、どのように守ろうと考えていたか。
 
特に後半はビハインドの状況だったので、前からどんどんボールを奪いにいかなくてはならず、点を取りにいかなくてはならないというところで、前がかりになったところを上手く裏を使われた。それはビハインドの状況になったら仕方ない部分ではあるので、そこを守っていく、奪いきっていく力をつけなくてはならない。