最新試合情報

9月8日(土)18:00 @えがお健康スタジアム

2018明治安田生命J2リーグ第32節 ロアッソ熊本 vs 大分トリニータ

【HOME】 ロアッソ熊本

1 0 前半 1 3
1 後半 2

試合終了

【AWAY】 大分トリニータ

スターティングメンバー
GK1畑 実
DF23小谷 祐喜
DF15青木 剛
DF4園田 拓也
MF24高瀬 優孝
MF8上村 周平
MF20上里 一将
MF14田中 達也
FW33坂本 広大
FW31伊東 俊
FW19八久保 颯
サブメンバー
GK35内山 圭
DF45横山 知伸
DF7片山 奨典
MF2黒木 晃平
MF50水野 晃樹
FW11皆川 佑介
FW18巻 誠一郎

63分 八久保 颯

得点

32分 三平 和司

79分 丸谷 拓也

80分 藤本 憲明

8

シュート

11
17

FK

16
1

CK

4
1

PK

1

  42分 八久保 颯

警告
退場

  

選手交代

68分 高瀬 優孝  黒木 晃平

74分 伊東 俊  皆川 佑介

81分 上里 一将  水野 晃樹

46*分 岩田 智輝  岡野 洵

61分 伊佐 耕平  川西 翔太

80分 三平 和司  藤本 憲明

試合環境
入場者数 10,226人 天気
気温 21.7℃ 湿度 87%
主審 岡部 拓人 副審 篠藤 巧、大矢 充
スターティングメンバー
GK31高木 駿
DF5鈴木 義宜
DF6福森 直也
DF29岩田 智輝
MF7松本 怜
MF19星 雄次
MF20小手川 宏基
MF33丸谷 拓也
FW15清本 拓己
FW18伊佐 耕平
FW27三平 和司
サブメンバー
GK22ムン キョンゴン
DF16岡野 洵
DF3那須川 将大
MF38馬場 賢治
MF48川西 翔太
FW10藤本 憲明
FW9後藤 優介

関連記事

試合コメント

ハーフタイムコメント

片野坂知宏監督

・守備も攻撃も最後まで我慢強く
・後半集中して入ること
・この試合必ず勝つぞ!

試合後コメント

片野坂知宏監督

われわれにとっては前節は福岡戦、今節は熊本戦と、同じ九州でしのぎを削るバトルオブ九州で、前節の福岡戦では悔しくも敗戦してしまい、今節はアウェイだが、熊本さん相手にいい戦いをして、なんとしても勝ちたい思いで臨んだ。その中で結果的に勝点3を取ることができた。いま勝点がなかなか取れていない中で、われわれにとって結果を出したことは非常に大事だった。
 
熊本さんがわれわれに対してどういう形で臨んでくるか、いろんな想定をして準備していたのだが、安柄俊選手が出場停止の中、前線には皆川選手を使ってくるのかなと思っていたところで、メンバーを見たときに、機動力のある選手を前線に並べていた。われわれに対して背後を狙ってくるのかなと思ったが、選手たちが切らさずに守備をやってくれた。
 
前半は危ない場面もあったのだが、なんとか失点ゼロに抑え、PKだが先制点を取れたことが大きかった。後半は相手も狙いを続けながらギアを上げてくるだろうというところで、またもったいない失点をして同点になったのだが、そこからも切らさずに、交代選手を含め全員で戦い続けたことが勝点3につながったのではないかと思う。少しラッキーなところもあったかもしれないが、いまのわれわれにとっては勝点3を積み上げることが非常に大事だった。

選手コメント

MF 33 丸谷拓也

今日は本当に大事な試合だったので勝点3が取れてよかった。負けが続いている中でもこうやってたくさんの方が応援に来てくれて、本当に力になっている。それに応えたいと思っていた。次はホームで試合があるので、またしっかり準備して期待に応えたい。
 
——得点シーンを振り返って。
 
あのシーンまでにシュートを何本か打っては弾かれたりしていたのだが、あのときは相手が前に出ているのが見えたので、その背後を落ち着いて狙った。今日は大事な試合だがあまり力を入れ過ぎず、落ち着いた状態でプレーしようと心がけていた。

FW 27 三平和司

最近は以前に比べたら引いた相手を崩すこともできて、いいところまで押し込めるようになってきていた。攻撃の形も作れていてあとは決めきるだけだった。得点はそんなに簡単に入るものでもないし、いいゲームはしていた中で、今節やっと結果がついてきた。これからまたやっていかなくてはならない。
 
——焦りはなかったか。
 
チームとしてはなかったと思うが、個人的には結果を残さないと試合に出られなくなるので、焦っていたし必死だった。今日もなかなかシャドーのポジションでボールがもらえない中で、それでもボールが入れば相手の状態を見て判断して前を向くところはうまくできて、チャンスは作れていた。自分的にはなかなかボールをもらえなかったが、それほど悪くはなかったと思う。
 
——PKでの先制後、みんなでゆりかごダンスをしたが。
 
子供が産まれて間もなくで、まだあまり実感が湧かない。ずっとゆりかごで祝福する側だったので、今日もなんとなく祝福している側のような気持ちだった。