最新試合情報

10月21日(土)14:00 @松本平広域公園総合競技場

2017明治安田生命J2リーグ第38節 松本山雅FC vs 大分トリニータ

【HOME】 松本山雅FC

0 0 前半 1 2
0 後半 1

試合終了

【AWAY】 大分トリニータ

スターティングメンバー
GK16村山 智彦
DF3田中 隼磨
DF31橋内 優也
DF4飯田 真輝
DF33安川 有
DF24那須川 将大
MF14パウリーニョ
MF5岩間 雄大
MF20石原 崇兆
MF10工藤 浩平
FW9高崎 寛之
サブメンバー
GK21鈴木 智幸
DF17ジエゴ
DF18當間 建文
DF6安藤 淳
MF7武井 択也
FW19山本 大貴
FW50鈴木 武蔵

 

得点

38分 岸田 翔平

58分 松本 怜

14

シュート

18
11

FK

16
6

CK

4
0

PK

0

  71分 パウリーニョ

  79分 橋内 優也

警告
退場

  44分 竹内 彬

  49分 伊佐 耕平

選手交代

61分 那須川 将大  山本 大貴

72分 石原 崇兆  ジエゴ

82分 岩間 雄大  鈴木 武蔵

75分 小手川 宏基  姫野 宥弥

82分 伊佐 耕平  吉平 翼

89分 後藤 優介  山口 貴弘

試合環境
入場者数 9,246人 天気
気温 15.4℃ 湿度 89%
主審 井上 知大 副審 福岡 靖人、浜本 祐介
スターティングメンバー
GK21上福元 直人
DF5鈴木 義宜
DF4竹内 彬
DF6福森 直也
MF14岸田 翔平
MF48川西 翔太
MF33鈴木 惇
MF7松本 怜
FW9後藤 優介
FW20小手川 宏基
FW18伊佐 耕平
サブメンバー
GK31高木 駿
DF2山口 貴弘
DF29岩田 智輝
MF10シキーニョ
MF24姫野 宥弥
FW19大津 耀誠
FW30吉平 翼

J'sゴールテキストLive

関連記事

ハイライト

試合コメント

ハーフタイムコメント

片野坂 知宏 監督

・セカンドボールの処理をはっきりする事
・攻撃はバランスをとろう

試合後コメント

片野坂 知宏 監督

アウェイで上位の松本さんを相手に、厳しい戦いになることを覚悟して臨んだ。球際や闘う姿勢、走る部分、隙のないチームを相手に、われわれが37試合で積み上げてきたものを通用するかどうかが通用するかというチャレンジでもあった。その中で、選手は最後まで集中を切らさず、自分たちの戦いを、一体感をもってやってくれた。勝ち点3に値するプレーをしてくれて、松本さんを上回ることが出来たことを、本当に感謝したい。
 
こういうタフな試合を残り4試合、ホームでも続けながら、勝ち点3を挙げられるようにすることが大事。そして大分に残っているメンバーを含めて全員で、最後に喜び合えるようにやっていきたい。
 
おそらく[3-4-2-1]のミラーゲームになると予想していたが、相手がどういうメンバーで来るかを考え、試合の入りを見て確かめながら戦った。相手がそれほど激しく前からプレスに来ることなく、少し構えていたので、しっかりボールを動かせたし、狙いをもってやることも出来ていたのだが、セカンドボール対応などの何でもないところからピンチになったり、つなぎの部分でのロストから危ない部分もあった。最後のところで体を張って、よく守ってくれた。
 
攻撃も、セットプレーからだったが、先制点が本当に大きい。後半の松本怜の追加点も、相手のミスから仕掛け、シュートを打ち切ってくれた。こじ開けることがなかなか難しい相手から2点取れたのは、今後につながる収穫になると思う。
 
ただ、それもちょっとしたことで左右されたものなので、逆にわれわれが勝点を落としたゲームになっていた可能性もあった。気を抜かず集中してタフに闘うゲームを最後まで続けていくことが大事だと、今日の試合を通して感じた。大分に帰ってしっかり準備して、またホームで勝ち点3を挙げられるように頑張りたい。

選手コメント

MF 7 松本 怜

理想の形で気持ち良く得点できた。今日の狙いは、僕のカットインだった。前節のアシストを研究されていたのか、前半の時点で縦のコースを切られていたので、これは中に行けると感じていた。結果的に僕の長所であるスピードを生かすことが出来たと思う。
 
——どの時点で打つと決めたのか。
 
ボールをもらったときに、すでに決めていた。田中隼磨さんを切り替えで上回れていて、あとはGKまでの間に飯田さんしかいなかったので、そこをかわせばシュートまで行けると思っていた。その早い判断が出来たことが、思い切りの良さにつながったと思う。
 
——良い内容で勝利できた要因は。
 
まずは相手のストロングポイントである高﨑さんをDFラインが集中して抑え、さらにボランチがセカンドボールを拾うところ。そうやって相手の長所を消すところが上手くハマって、そこからの良いボール回しが出来た。後ろからのビルドアップが落ち着いて出来たことが今日の試合に生きた。

MF 14 岸田 翔平

ゴール前に人がいっぱいいたので、枠に入れることだけを考えてシュートした。相手に当たったので運もあった。セットプレーに強い相手に対し、こちらがセットプレーで得点できたのが良かった。
 
——今日は狙いがハマった試合だったのでは。
 
ただ、僕のところにボールが来たときにはすでに相手の守備がハマっている状態のことが多かったので、前半は得点した以外はあまりやりたいことが出来なかった印象がある。相手もプレスが早く、サポートが間に合わなくてハマってしまい、ファウルをもらうくらいしか出来なかった。ノリ(鈴木義宜)と「厳しいけれど我慢してやろう」と話し合った。
 
——ここに来て調子を上げているようだが。
 
僕も(松本)怜くんも、今季あまり得点を決めていないメンバーが点を決めて勝っているし、無失点でも終われた。新しく出てきた選手が活躍することがチームを勢いづけると思うので、そういう意味でも今日は良い試合が出来た。