最新試合情報

11月17日(土)14:00 @NDソフトスタジアム山形

2018明治安田生命J2リーグ第42節 モンテディオ山形 vs 大分トリニータ

【HOME】 モンテディオ山形

1 0 前半 1 1
1 後半 0

試合終了

【AWAY】 大分トリニータ

スターティングメンバー
GK21櫛引 政敏
DF23熊本 雄太
DF35坂井 達弥
DF19松本 怜大
MF4三鬼 海
MF14本田 拓也
MF17中村 駿
MF49内田 健太
FW18南 秀仁
FW11阪野 豊史
FW16小林 成豪
サブメンバー
GK1児玉 剛
DF6山田 拓巳
MF25汰木 康也
MF7松岡 亮輔
MF8アルヴァロ ロドリゲス
FW39中山 仁斗
FW50ブルーノ ロペス

90+1分 アルヴァロ ロドリゲス

得点

18分 星 雄次

5

シュート

8
13

FK

22
2

CK

4
0

PK

0

  35分 本田 拓也

  88分 内田 健太

警告
退場

  

選手交代

67分 阪野 豊史  中山 仁斗

67分 本田 拓也  アルヴァロ ロドリゲス

81分 松本 怜大  汰木 康也

59分 馬場 賢治  小手川 宏基

74分 三平 和司  川西 翔太

90+3分 藤本 憲明  林 容平

試合環境
入場者数 6,852人 天気
気温 12.4℃ 湿度 64%
主審 高山 啓義 副審 五十嵐 泰之、大川 直也
スターティングメンバー
GK31高木 駿
DF5鈴木 義宜
DF6福森 直也
DF29岩田 智輝
MF7松本 怜
MF19星 雄次
MF32前田 凌佑
MF33丸谷 拓也
FW10藤本 憲明
FW27三平 和司
FW38馬場 賢治
サブメンバー
GK22ムン キョンゴン
DF16岡野 洵
DF3那須川 将大
MF20小手川 宏基
MF48川西 翔太
FW11林 容平
FW9後藤 優介

J'sゴールテキストLive

関連記事

試合コメント

ハーフタイムコメント

片野坂知宏監督

・0-0の気持ちでもう一度集中
・セカンドボールを大事にすること
・我々がトライしてきたことを残りの45分出そう

試合後コメント

片野坂知宏監督

まずは、山形さんのクラブ関係者の方々、選手・スタッフのみなさま、サポーターの方々、われわれのJ1昇格が懸かっているときに、最終戦ということもあったんですけど、温かく見守っていただき本当に感謝いたします。われわれにとってはアウェイの地で、山形さんにとっては悔しい思いだと思いますけど、セレモニーがある中でもわれわれに時間を与えていただいたことに、御礼を言いたいと思います。
 
そして、大分トリニータファミリーの、ファン・サポーターの方、スポンサーさま、行政・企業など本当に多くの方々のご支援・ご声援のおかげで、J1昇格をつかみ取ることができました。本当にありがとうございます。
 
やはりJ3降格からこれまでは簡単ではなかったですし、いろんな方々のサポートなくしては、昇格は達成できなかったと感じています。
 
ゲームの方は、おそらく山形さんも[3-4-2-1]のシステムでミラーゲームになることは予想していました。メンバー的にもどういう選手を使ってくるか予想しづらいところがあったのですが、ほぼ想定内だった中で、DFの栗山選手のところを坂井達弥選手で来たところは、少し予想と違いました。ただ、戦術的にはいつもと同じようにメリハリをつけてやってこられたと思います。前からプレスに来るか、構えてくるか、そういうところをしっかり状況判断して自分たちの戦い方ができるようにボールを動かし、前半は落ち着いてプレーできたと思います。そういう中から先制点が取れたこと。山形さんの守備を崩すのは簡単ではないですし、得点を前半から挙げることができたことは、大きな力となり勇気となったんじゃないかと思います。
 
ただ、追加点を取ることができなかった。最後のああいうところで相手の勢いを受けてしまい、押し込まれて、素晴らしいミドルシュートから同点に追いつかれ、厳しい試合になったなと感じました。アディショナルタイムになったところで、選手は最後まで粘り強く切らさずに戦ってくれたと思いますが、一瞬のところで後手に回るとああいう失点になる。そういうところは来季J1でもそういうシーンがおそらくあると思うので、教訓にして、最後まで粘り強く切らさない守備、そして追加点を挙げられる攻撃を、また積み上げていかなくてはならないと、今日のゲームでも感じました。それを来季以降も修正できるようにやっていかなくてはならないと思います。
 
最終節、引き分けだったんですけど、素晴らしい成果を、選手のおかげで、そしてクラブスタッフみなさんのおかげでつかみ取ることができました。本当にうれしく思いますし、自分の中でもほっとしているというか、……うれしいです。

選手コメント

MF 7 松本怜

まずはシンプルに、昇格できてよかったと思っています。同点に追いつかれたときは、ファン・サポーターの方々や試合を見ている方々もドキドキしたと思いますけど、僕たちも正直ドキドキして、(自動昇格枠争いは)終わったかなと、J1参入プレーオフに回る可能性もちょっと考えました。でも、なんとか引き分けに終わって、いい報告を受けることができて、本当によかったです。
 
——J1昇格決定が分かったのはどのタイミングで?
 
試合が終わってみんなでベンチ前で待っていたときに、ファン・サポーターの方々が一斉に「わあああああっっっ」と言ったときに、あ、これは決まったんだなと思って。本当にあの瞬間に、サポーターの声で分かりました。もう、言葉に表せないくらいうれしくて、ここまで地道にやってきたからかは分からないですけど、ちょっと恥ずかしいくらい泣いてしまっていました。