最新試合情報

3月2日(土)16:00 @昭和電工ドーム大分

2019明治安田生命J1リーグ第2節 大分トリニータ vs 松本山雅FC

【HOME】 大分トリニータ

0 0 前半 0 1
0 後半 1

試合終了

【AWAY】 松本山雅FC

スターティングメンバー
GK1高木 駿
DF5鈴木 義宜
DF6福森 直也
DF29岩田 智輝
MF7松本 怜
MF23高山 薫
MF32前田 凌佑
MF44ティティパン
FW10藤本 憲明
FW14小塚 和季
FW46伊藤 涼太郎
サブメンバー
GK21小島 亨介
DF19星 雄次
DF39庄司 朋乃也
MF38高畑 奎汰
MF8丸谷 拓也
FW45オナイウ 阿道
FW9後藤 優介

 

得点

50分 永井 龍

1

シュート

9
12

FK

14
0

CK

4

PK

  74分 鈴木 義宜

警告
退場

  77分 藤田 息吹

選手交代

57分 前田 凌佑  丸谷 拓也

61分 伊藤 涼太郎  オナイウ 阿道

85分 福森 直也  高畑 奎汰

80分 セルジーニョ  町田 也真人

87分 岩上 祐三  田中 隼磨

89分 永井 龍  高崎 寛之

試合環境
入場者数 13,329人 天気 屋内
気温 10.9℃ 湿度 52%
主審 池内 明彦 副審 林 可人、浜本 祐介
スターティングメンバー
GK1守田 達弥
DF44服部 康平
DF31橋内 優也
DF15エドゥアルド
MF47岩上 祐三
MF14パウリーニョ
MF6藤田 息吹
MF42高橋 諒
MF8セルジーニョ
FW7前田 大然
FW11永井 龍
サブメンバー
GK16村山 智彦
DF3田中 隼磨
DF5今井 智基
MF13中美 慶哉
MF25町田 也真人
MF32安東 輝
FW9高崎 寛之

J'sゴールテキストLive

関連記事

試合コメント

ハーフタイムコメント

片野坂知宏監督

・後半の立ち上がりから集中して入ること
・攻撃のジャッジを早くすること
・コミュニケーションをしっかり取ること

試合後コメント

片野坂知宏監督

自分の中ではホーム開幕戦の松本さん相手には最低でも勝点1をとらなくてはならない状況だったと感じていて、松本さんに勝点3とJ1初勝利を与えてしまったことを悔しく思う。
 
ただ、すぐにカップ戦があるし、週末にはアウェイでリーグ戦もある。しっかり切り替えて、次のゲームはまたホームで戦えるので、ルヴァンカップで自分たちの狙いを合わせ、みなさんに喜んでもらえるゲームができるよう全員で準備して臨みたい。
 
——甘さがあったというのは。
 
今週、松本戦に向けていろいろ準備したが、その部分でもうまく表現できず、チャンスになりそうなところはあってもシュートまでやらせてくれない。そういうところは準備不足でもあったし、わたしのメンバーや戦術の判断にも責任があったと感じた。やはり開幕戦でアウェイで鹿島さんに勝てたことで、わたしも含め、「なんとなくやれるんじゃないか」「プレーすれば得点とれるんじゃないか」という思いを、どこかで感じていたのかもしれない。選手のパフォーマンス全般に関しても、やってはいるのだが、そこからの勝ちたい、絶対に点をやらない、点を取りに行くという迫力だとかパワーの使い方に関しては、松本さんのほうが上で、われわれのほうにはそういうパワーがまだ足りない。開幕戦に勝ったことで安心したのかもしれないけれど、そういう部分が出たのかなという感じを受けた。

選手コメント

MF 14 小塚和季

想像以上に中は厳しい状況で、数字にも出ているとおりシュートが少なかった。サイドを崩しきれなかった。昨季対戦しているだけに、絶対にやらせないという部分を松本さんはしっかりやっていたと思う。
 
——システム変更したときに監督から指示は。
 
サイドから崩しに入るというのは今週トレーニングでもやっていた。(高畑)奎汰が入った時点で奎汰をどんどん上がらせてクロスを供給したいというのが、僕の頭の中にもあったのだが、なかなか簡単に上げさせてもらえなかった。難しい展開だった。

DF 5 鈴木義宜

あれだけチャンスがあった中で決めきれないとこういう展開になってしまう。チャンスの数をもっともっと多く作ることができないと、ああいうふうに相手のペースに持っていかれてしまうので、こだわっていかなくてはならない。
 
——先制点を奪われたことが試合の流れを決定づけたと思うか。
 
やはり相手が前半からカウンターを狙ってきていた中で先制されて、守備を固められた。松本のサッカーを自分たちが引き立ててしまった。
 
相手は前からくるにしても引いてくるにしてもカウンターを狙ってくるのはわかっていたので、そのカウンターをどれだけ受けずにどれだけ主導権を握ってボールを動かせるかがカギになると思っていた。そのカウンターをもっと防ぐことができなくては、今後もっとレベルの高い相手と対戦するときに苦しくなってくる。カウンターへの対応を追求していきたい。