最新試合情報

4月14日(日)16:00 @昭和電工ドーム大分

2019明治安田生命J1リーグ第7節 大分トリニータ vs ベガルタ仙台

【HOME】 大分トリニータ

2 0 前半 0 0
2 後半 0

試合終了

【AWAY】 ベガルタ仙台

スターティングメンバー
GK1高木 駿
DF5鈴木 義宜
DF6福森 直也
DF29岩田 智輝
MF4島川 俊郎
MF7松本 怜
MF19星 雄次
MF32前田 凌佑
FW10藤本 憲明
FW14小塚 和季
FW27三平 和司
サブメンバー
GK31ポープ ウィリアム
DF16岡野 洵
MF11馬場 賢治
MF20小手川 宏基
MF23高山 薫
MF44ティティパン
FW45オナイウ 阿道

47分 岩田 智輝

77分 オナイウ 阿道

得点

 

5

シュート

13
6

FK

9
7

CK

8

PK

  

警告
退場

  

選手交代

61分 三平 和司  オナイウ 阿道

80分 星 雄次  高山 薫

89分 前田 凌佑  小手川 宏基

70分 ジャーメイン 良  石原 直樹

73分 兵藤 慎剛  梁 勇基

78分 吉尾 海夏  長沢 駿

試合環境
入場者数 11,477人 天気 屋内
気温 15.3℃ 湿度 73%
主審 小屋 幸栄 副審 岡野 宇広、浜本 祐介
スターティングメンバー
GK1シュミット ダニエル
DF13平岡 康裕
DF33常田 克人
DF39金 正也
MF17富田 晋伍
MF6兵藤 慎剛
MF4蜂須賀 孝治
MF14石原 崇兆
FW9ハモン ロペス
FW15吉尾 海夏
FW19ジャーメイン 良
サブメンバー
GK21関 憲太郎
DF27大岩 一貴
MF10梁 勇基
MF7関口 訓充
MF8松下 佳貴
FW11石原 直樹
FW38長沢 駿

J'sゴールテキストLive

関連記事

試合コメント

ハーフタイムコメント

片野坂知宏監督

・集中して入ること
・正確にきっちりやること
・ホームゲーム勝ち点3を取らないといけないゲーム。しっかりとハードワークしよう。

試合後コメント

片野坂知宏監督

雨の中、たくさんの方がホームに来てくださり、ひさしぶりのホームでの勝利をプレゼントできて本当によかった。やはりホームでは勝たなくてはならないし、見ている方々に勇気を与えるようなゲームをしなくてはならない。継続してホームでいいゲームができるよう準備していきたい。
 
まず仙台さんがどういう形で戦ってくるか。3-4-2-1のミラーゲームで来るのか、前節の鳥栖戦で3-5-2でいい成果を挙げたのでその形で来るのかがわからない部分だった。多分われわれに対してもおそらく3-5-2で来るだろうと読んでいた。はじまってみると、守備では5-4のブロックを作っているが、攻撃に関しては3-5-2でジャーメイン選手とハモン ロペス選手が残っている。それが嫌だなと思っていた。
 
こちらの攻撃を成立させないとカウンターでピンチになるという展開で、逆にこちらがチャンスを作るシーンもあった。われわれの攻撃は最後の判断、精度のところで合わず、仙台さんはいい守備からいい攻撃を繰り出し、富田選手をしっかりと使いながらわれわれの危険なところにボールを運び、危険なゾーンに入れてきて、非常に難しいゲームだった。
 
前半はピンチもあったし、勉強代になりかねない要らない失点になりかねない場面もありつつなんとか0-0で終えたことがよかった。後半もう一度しっかりとした守備、狙いを合わせた攻撃を選手に伝えた中で、選手が90分間最後まで戦って得点を挙げてくれた。後半早々の岩田の得点もわれわれにとっては大きく、勇気を与えてくれたし、オナイウも今季チームに加わって以来、得点という部分で非常に苦労していたが、結果を出したことがプラスになると思うので、継続してやっていってほしいと思う。
 
全体的にしっかりといいゲームをしてくれた。次はアウェイでガンバ戦があるし、またルヴァンカップもあって連戦になる。いい成果を挙げられるよう全員で継続して戦っていきたい。

選手コメント

FW 45 オナイウ阿道

今季はずっと、なかなかいい形で得点という結果が出せていなかったし、個人的にいいプレーができたことも多くなかった。その中で、やはり点を取ったということを通じて、気持ち的にも前に進んだ感じがある。
 
——シャドーで起用されたりしながら、苦しんでいたようだったが。
 
そういう部分もあったが、シャドーで使われることにより、トップで出場したときにも、アイディアや動き方のパターンなど、いろんなものが表せるようになった。そういうふうにポジティブにとらえて続けてこれたことが、今日はああいう形で得点につながったのかなと思う。

DF 29 岩田智輝

——こちらの右サイドと相手の左サイドでマッチアップして潰しあっていた中で、どう攻めようと思っていたか。

ハモン・ロペス選手が守備に戻ってこないときがあったので、そこがカギになるだろうな、続けていればそのうちバテるのではないかなと考えながら根気強く戦っていた。

——得点シーンはよくあそこまで進入していた。

あれは奇跡です(笑)。ゴール後にみんなで「奇跡だ!」と言ってました(笑)。でも、ボールが来なくてもこぼれ球という可能性があるので行っとこう、くらいの気持ちで入っていったのだが、そのままこぼれてきた。ラッキーだった。