最新試合情報

5月3日(水)14:00 @大分銀行ドーム

2017明治安田生命J2リーグ第11節 大分トリニータ vs 松本山雅FC

【HOME】 大分トリニータ

0 0 前半 0 0
0 後半 0

試合終了

【AWAY】 松本山雅FC

スターティングメンバー
GK21上福元 直人
DF5鈴木 義宜
DF4竹内 彬
DF6福森 直也
MF14岸田 翔平
MF48川西 翔太
MF33鈴木 惇
MF16山岸 智
FW9後藤 優介
FW20小手川 宏基
FW18伊佐 耕平
サブメンバー
GK1修行 智仁
DF2山口 貴弘
DF29岩田 智輝
MF17國分 伸太郎
MF24姫野 宥弥
MF28坂井 大将
FW19大津 耀誠

 

得点

 

7

シュート

9
11

FK

12
4

CK

5
0

PK

0

  

警告
退場

  

選手交代

68分 山岸 智  國分 伸太郎

77分 鈴木 惇  姫野 宥弥

83分 小手川 宏基  坂井 大将

55分 セルジーニョ  パウリーニョ

76分 高崎 寛之  三島 康平

83分 工藤 浩平  山本 大貴

試合環境
入場者数 8,415人 天気 晴時々曇
気温 24.5℃ 湿度 47%
主審 窪田 陽輔 副審 佐藤 貴之、田島 宏則
スターティングメンバー
GK16村山 智彦
DF4飯田 真輝
DF13後藤 圭太
DF31橋内 優也
DF3田中 隼磨
MF5岩間 雄大
MF8セルジーニョ
MF10工藤 浩平
MF15宮阪 政樹
MF20石原 崇兆
FW9高崎 寛之
サブメンバー
GK21鈴木 智幸
DF33安川 有
MF14パウリーニョ
MF23岡本 知剛
MF25志知 孝明
FW11三島 康平
FW19山本 大貴

J'sゴールテキストLive

関連記事

試合コメント

ハーフタイムコメント

片野坂知宏 監督

・DFラインは下がり過ぎないこと
・ボールを奪った瞬間、逆サイドを見ること
・後半も最後まで集中を切らさないこと

試合後コメント

片野坂 知宏監督

GWにたくさんの方にスタジアムにお越しいただいて、なんとか勝ちたかったのだが、引き分けに終わってしまった。ただ、ホーム2連戦の中で勝ち点1を松本さんから取れたことは、ポジティブにとらえたいと思う。

松本さんはJ1の経験があるし、非常にアグレッシブなチームで厳しい相手。その相手に対してわれわれはトライし、自分たちの形を出して、勝てなかったが勝ち点1を得た。決して悪い結果ではない。

ただ、やはりJ2で上位に行くチームの力というものを、松本さんからは感じた。球際やプレス、ゴール前の部分など、攻守に簡単にはやらせてくれない相手だと。われわれは、そういうタフさを持つ強い相手をなんとか上回れるように、今後も練習からしっかり取り組み、戦っていきたい。

まだ修正しなくてはならないところはあるが、次節は中3日でアウェイ。総力戦になる中で、次の相手に対していちばん良いメンバーを選びながら、アウェイでも勝ち点を積み上げていけるように、明日から準備する。

選手コメント

FW 18 伊佐 耕平

前節の京都戦より良いゲームが出来たと思う。セカンドボールを拾えていて、分厚い攻撃も何回か繰り出せた。

——今日はブロックを作って構える守備をしていたが。

こちらが引いたことで相手が何も出来ていなかった。そこから攻撃に切り替えて、今日は中からもサイドからも良いボールが入ってきた。もっと飯田さんのウラを取ってそこで勝負できれば良かったのだが。

——決まったかと思われるシュートもあったが。

僕は入ったと思っていなかった。特に狙ったわけではなく思い切って打っただけだった。相手は足が止まっていたので、スローインのチャンスからちょっと仕掛けてみようかと思っていた。

——すぐにやってくる次節に向けては。

この粘り強い守備を続けて、前線が得点という結果を出せるように、短い時間だが細かいところまで合わせていきたい。

MF 48 川西 翔太

——今日は守備から攻撃の良いリズムが作れていた。

失点しなければ負けないので、僕はどちらかというと守備から入りたいタイプ。前節の京都戦は空中戦が多く、全部遠くに飛んでいってしまってセカンドボールも狙えず、難しい試合になったのだが、今節は工藤(浩平)さんやセルジーニョ、ヒロさん(高崎 寛之)といった上手い選手たちに負けないようにという形で入った。

昨日のゲーム形式のトレーニングで、(鈴木)惇とノリ(鈴木 義宜)とで抑えたいポジショニングの確認をして、今日はサイドに寄りすぎて中を空けないように、相手シャドーを意識しながらプレーした。

——惜しい枠内ミドルシュートもあった。

あれは入ってほしかった。中で伊佐の動きも見えていたので迷ったのだが、前も空いていたので打とうと思った。