最新試合情報

7月29日(土)18:00 @Pikaraスタジアム

2017明治安田生命J2リーグ第25節 カマタマーレ讃岐 vs 大分トリニータ

【HOME】 カマタマーレ讃岐

0 0 前半 0 1
0 後半 1

試合終了

【AWAY】 大分トリニータ

スターティングメンバー
GK1清水 健太
DF3中島 大貴
DF25岡村 和哉
DF17李 栄直
MF22武田 有祐
MF10高木 和正
MF7永田 亮太
MF5渡邉 大剛
MF31アレックス
FW13木島 徹也
FW19仲間 隼斗
サブメンバー
GK16松原 修平
DF23西 弘則
DF28長澤 拓哉
DF6市村 篤司
MF11馬場 賢治
MF26山本 翔平
FW20原 一樹

 

得点

77分 大津 耀誠

8

シュート

11
10

FK

11
6

CK

5
0

PK

0

  26分 木島 徹也

警告
退場

  

選手交代

70分 木島 徹也  原 一樹

70分 高木 和正  山本 翔平

81分 アレックス  西 弘則

59分 山岸 智  シキーニョ

68分 小手川 宏基  大津 耀誠

82分 三平 和司  前田 凌佑

試合環境
入場者数 3,143人 天気
気温 31.1℃ 湿度 67%
主審 窪田 陽輔 副審 佐藤 貴之、田島 宏則
スターティングメンバー
GK21上福元 直人
DF5鈴木 義宜
DF4竹内 彬
DF6福森 直也
MF7松本 怜
MF48川西 翔太
MF33鈴木 惇
MF16山岸 智
FW9後藤 優介
FW20小手川 宏基
FW27三平 和司
サブメンバー
GK1修行 智仁
DF14岸田 翔平
DF2山口 貴弘
MF10シキーニョ
MF32前田 凌佑
FW18伊佐 耕平
FW19大津 耀誠

J'sゴールテキストLive

関連記事

試合コメント

ハーフタイムコメント

片野坂 知宏 監督

・セカンドボールを拾って広いサイドに展開し、数的有利を作ろう
・攻撃も守備もやりきること

試合後コメント

片野坂 知宏 監督

アウェイで讃岐さんを相手に勝ち点3を取れたことは本当に良かった。われわれがやろうとしていたことを、ピッチに立っている選手が粘り強く我慢強く最後まで遂行してくれて、なんとか1点こじ開けることが出来た。リーグ後半戦に入ってから3分けで、なかなか勝ち点3を取れなかった中で、今日は勝ち点3を目指して戦い、それが取れてほっとしている。
 
讃岐までたくさんのサポーターやファンの方にお越しいただき、最後まで声援していただいたことが選手のエネルギーになった。感謝している。
 
讃岐さんがホームで勝ち点3を取りにくるところを、あまり受けに回らずに、自分たちもアグレッシブに自分たちのサッカーにトライしていこうと選手を送り出した。若干、慎重になったところもあったと思うが、しっかりと集中して入ってくれたと思う。我慢の要る戦いだと感じたし、後半も押し込む状態があっても最後のところでやらせてくれない厳しいゲームだった。
 
その中で、途中出場の大津が決めてくれたりと、先発以外の選手も最後まで戦ってくれたことが、チームの成果につながった。今後もいろんなチームと対戦するし、われわれに対して対策もしてくると思うが、どんな相手が来ても自分たちの戦いが出来るようにしたい。次もアウェイ戦だが、厳しい試合でも勝点3を取れるように全員で準備して積み上げたい。

選手コメント

FW 19 大津 耀誠

前線でボールを収めることと、クロスのときにニアに入ることを指事されてピッチに立ったが、シキちゃん(シキーニョ)がクロスを上げるタイミングがわからなかったので、もう少し合わせていかなくてはならない。
 
——得点シーンを振り返って。
 
(鈴木)惇さんがシュートを打つかと思って少し膨らんだ位置を取っていたのだが、惇さんがキックフェイントで出してくれた。相手はみんな惇さんに食いついていたので、プルして受けようと思った。コースも見えたので、あとはトラップして流し込むだけだった。練習では僕はあまり先発組に入らないのだが、惇さんのパスを出すところを見ながらイメージしていた。体が勝手に動いてくれた。

MF 33 鈴木 惇

あまり感覚が良くなかったのでパスを出したというのもあるのだが、前半に2本くらいミドルシュートを打ったことが、相手が食いついてくる効果を生んだのかなと思う。
 
相手が引いたときにはミドルシュートを打っていこうと、前節の後にみんなで話していた。枠に行って先制点が取れればもっと楽な展開になっていたと思うのだが、それでも結果的にそれが積み重なって、後半のああいう得点につながったので、悪くはなかった。
 
5試合ぶりに勝ててほっとしているが、次節も横浜FCという強い相手とアウェイで戦うので、早く切り替えて準備したい。