最新試合情報

4月22日(土)16:00 @Shonan BMW スタジアム平塚

2017明治安田生命J2リーグ第9節 湘南ベルマーレ vs 大分トリニータ

【HOME】 湘南ベルマーレ

0 0 前半 1 1
0 後半 0

試合終了

【AWAY】 大分トリニータ

スターティングメンバー
GK1秋元 陽太
DF36岡本 拓也
DF4アンドレ バイア
DF29杉岡 大暉
MF24奈良輪 雄太
MF6石川 俊輝
MF2菊地 俊介
MF8山田 直輝
FW7神谷 優太
FW17端戸 仁
FW16齊藤 未月
サブメンバー
GK31後藤 雅明
DF20坪井 慶介
MF13山根 視来
MF22下田 北斗
MF5秋野 央樹
FW19表原 玄太
FW9ジネイ

 

得点

5分 鈴木 義宜

15

シュート

9
18

FK

16
5

CK

6
0

PK

0

  45分 アンドレ バイア

  77分 岡本 拓也

  90+2分 アンドレ バイア

警告
退場

  

選手交代

46*分 齊藤 未月  ジネイ

46*分 石川 俊輝  表原 玄太

58分 山田 直輝  山根 視来

66分 山岸 智  黒木 恭平

66分 三平 和司  伊佐 耕平

80分 小手川 宏基  姫野 宥弥

試合環境
入場者数 7,101人 天気
気温 17.5℃ 湿度 51%
主審 木村 博之 副審 川崎 秋仁、秋澤 昌治
スターティングメンバー
GK21上福元 直人
DF5鈴木 義宜
DF4竹内 彬
DF6福森 直也
MF29岩田 智輝
MF48川西 翔太
MF33鈴木 惇
MF16山岸 智
FW9後藤 優介
FW20小手川 宏基
FW27三平 和司
サブメンバー
GK31高木 駿
DF3黒木 恭平
DF35坂井 達弥
MF17國分 伸太郎
MF24姫野 宥弥
MF8黄 誠秀
FW18伊佐 耕平

J'sゴールテキストLive

関連記事

ハーフタイムコメント

片野坂知宏 監督

・ボールを動かせ
・攻守の切り替えのバランス
・枚数を合わせること
・粘り強く

試合後コメント

片野坂知宏 監督

まずはアウェイで湘南さん相手になんとか勝ち点3を取ることが出来て本当に良かった。われわれは今季から戦術についてトライしているなかで、J1の経験があるアグレッシブな湘南さんに対しても自分たちらしいサッカーが出来るように、スタートからやってきた。湘南さんのプレッシャーは迫力があるし、怖さもあったのだが、選手がトライしてくれた。

前半は、ああいう形でプレッシャーをかけてくることは想定していたのだが、上手く剥がすことが出来たとしても、そこからのクオリティーや判断の部分ではまだまだ課題がある。だが、だいぶ選手も自信をつけているところがあるので、引き続きトレーニングからこだわっていきたい。

後半はやはり追いかける湘南さんがパワーを持って入ってきたので、受けることが多くなったのだが、そういう中でも追加点のチャンスがあったところを決めきれるかどうかが、もっとわれわれの戦いが出来るかどうかというところになってくる。

アウェイで湘南さん相手に勝てたのは自信になるのだが、それを過信にすることなく、またトレーニングから次に向けて、勝ち点を積み上げられるように引き締めてやっていきたい。アウェイにもたくさんのファンやサポーターが来て後押ししてくださって感謝している。そういう方々に勝利をプレゼントできてうれしく思う。

選手コメント

MF 48 川西翔太

相手が前から来るので、相手にとってはボランチの脇、自分たちにとってはシャドーの間を越せばチャンスになると思っていた。片さん(片野坂 知宏監督)からも「引かずにそこを使え」という声が聞こえたので、それを意識しながらプレーしていた。出して一つ動けば相手は意外と付いてこなかったので、前線にも絡めたのだが、後半はもう少し絡みたかった。

片さんの理想のサッカーに近づくには、もう少し球離れを早くしてほしいのかなと思ったりもするので、もっとそこに近づきたい。個人的にはあまりポジションは気にしないタイプで、ボランチでも前に抜けていきたいし絡みたい。

僕らはJ1を目指しているので、J2で負けていたらダメだと思う。湘南は強いチームだし、実際に押し込まれている時間も長かったと思うのだが、今日は大分のサッカーが出来て決定機も結構作れて良いサッカーが出来た。前半の決定機を決めていればもっと楽な展開になっていた。

DF 6 福森直也

湘南のプレッシャーにビビらずにトリニータの戦いをしようと監督も強く言っていて、前半はそれが出来た。何回かビルドアップで詰まるシーンもあったが、相手が寄せてきたときに奥行きやスペース、味方が落ちてくる位置などが見れるようになってきたと思う。

いつもなら早い段階で(鈴木)惇さんなりが最終ラインに落ちて回していたのだが、今日は後ろ3枚でコンパクトに回せたのでボランチも高い位置を取れたし、上手く使い分けが出来て相手に簡単に的を絞らせなかった。

後半は多少腰が引けてしまったのもある。いつもならDFラインの1枚が前に出てギャップを作りながらもリスクを冒してボールにプレスをかけていくのだが、後半はリスクを冒さずに少し引いてしまったので、ボランチとWBだけでは守備がハマらない展開になった。それを早い時間帯でやりすぎたのが反省点。

長いリーグ戦では相手のミスに助けられることもあるが、それでも無失点に抑えて勝ち切ったことは大きかった。