最新試合情報

8月20日(日)18:00 @京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場

2017明治安田生命J2リーグ第29節 京都サンガF.C. vs 大分トリニータ

【HOME】 京都サンガF.C.

2 1 前半 0 2
1 後半 2

試合終了

【AWAY】 大分トリニータ

スターティングメンバー
GK1菅野 孝憲
DF6本多 勇喜
DF26下畠 翔吾
DF30石櫃 洋祐
DF41土屋 征夫
MF18望月 嶺臣
MF22小屋松 知哉
FW9ケヴィン オリス
FW10エスクデロ 競飛王
FW13岩崎 悠人
FW16イ ヨンジェ
サブメンバー
GK21清水 圭介
DF24内田 恭兵
DF25麻田 将吾
MF14仙頭 啓矢
MF20伊東 俊
MF7田村 亮介
FW31大黒 将志

39分 イ ヨンジェ

90+3分 大黒 将志

得点

64分 鈴木 惇

81分 伊佐 耕平

14

シュート

8
10

FK

14
2

CK

5
0

PK

0

  11分 イ ヨンジェ

  70分 土屋 征夫

警告
退場

  84分 伊佐 耕平

選手交代

65分 小屋松 知哉  内田 恭兵

68分 望月 嶺臣  仙頭 啓矢

72分 イ ヨンジェ  大黒 将志

62分 山岸 智  シキーニョ

69分 川西 翔太  前田 凌佑

80分 小手川 宏基  伊佐 耕平

試合環境
入場者数 4,966人 天気
気温 31.7℃ 湿度 56%
主審 小屋 幸栄 副審 山村 将弘、鈴木 規志
スターティングメンバー
GK21上福元 直人
DF5鈴木 義宜
DF4竹内 彬
DF6福森 直也
MF7松本 怜
MF48川西 翔太
MF33鈴木 惇
MF16山岸 智
FW9後藤 優介
FW20小手川 宏基
FW27三平 和司
サブメンバー
GK31高木 駿
DF14岸田 翔平
DF2山口 貴弘
MF10シキーニョ
MF32前田 凌佑
FW18伊佐 耕平
FW19大津 耀誠

J'sゴールテキストLive

ハーフタイムコメント

片野坂 知宏 監督

・ボールを奪った瞬間に前線を確認するように
・どこにプレスをかけてるのか判断すること
・相手のカウンターに気をつけよう
・ボールを回す際のクオリティを求めろ

試合後コメント

片野坂 知宏 監督

非常に悔しい。ホームで2連敗してのアウェイで京都さんとの試合で、できれば勝ち点3を取りたかった。取れるような状況がアディショナルタイムまで続いていて、あれをしっかりと勝ち切りたかった。たくさんのファンやサポーターの方に西京極までお越しいただき、勝てていない状況でも応援していただいたので、勝利をプレゼントしたかったのだが、本当に悔しい。
 
ただ、厳しさもあるし、最後の最後にFKから失点して2-2で終わったのだが、90分の試合内容を考えると、もしかしたら妥当な結果だったのかもしれない。僕の中では勝ち点3を取れる状況だと思っていたのだが、勝ち点1を取れたことをポジティブにとらえたいし、2得点できたことも評価したい。2連敗した町田戦と東京V戦では1点しか取れず、難しさがあった中で、今日は京都さんに対して2得点できた。これを継続させながら、もっともっと攻撃の判断や質を上げ、自分たちの戦いができるようにしたい。また、失点が続いているので、守備も粘り強く我慢強く戦いながら、チームとして守れるようなゲームができるようにしなくてはならない。無失点で最低でも勝ち点1が取れるような粘り強い守備を、もう一回、選手たちにも伝えて、チーム全員で次のアウェイ山口戦に向けて準備したい。

選手コメント

MF 33 鈴木 惇

連敗していたので、失点したくないという気持ちから、まずは手堅く入ったことから、前半は停滞した感じになった。1点取られて攻めるしかなくなってからは、前線の動きも良くなった。1失点に抑えることが出来ていたので、後半はどこかで自分たちの流れが来ると、(竹内)彬さん中心に後ろから声が出ていた。いままでは連続で失点していたところを今日はひとつ耐えて、自分たちの流れが来るまで待てた。逆転できたまま勝てれば良かったのだが、それほど甘くはなかった。ひとつ前進したととらえたい。
 
得点はきれいな形からだった。シュートはちょっとミスだったのだが、決まって良かった。さんぺーくん(三平和司)がニアで相手を引きつけてくれたので、自分がフリーになれた。自分たちは組織でサッカーをやるのだという形がしっかり出せたシーンだったと思う。

MF 16 山岸 智

前半はなかなか攻撃に行けず、失点場面では僕がマークを外してしまったので厳しかったのだが、後半はちょっとスペースが出来て、選手の動きも良くなった。逆転するところまで行けたのだが残念。カミ(上福元直人)もよく手を伸ばしてくれてポストに逃げたのだが、結局そのこぼれ球を押し込まれてしまった。最後の最後まで気が抜けなかったし、逆に言えば最後まで集中できていれば失点は防げたのかもしれない。
 
前半も後半も、選手は特別やるべきことを変えたわけではなかったのだが、後半はスペースを使えるようになったところで戦う気持ちも見せることが出来た。2試合負けていたことで前半はちょっと消極的なところがあったのだが、点を取りに行かなくてはならない状況になり、攻める意識が出せたのだと思う。