トリニータNEWS

[イベント] 2019/08/06

イベント

トップチーム選手による「ふるさと応援隊」企画第2弾

大分トリニータは、皆様に愛されるクラブをめさして、「サッカーを通じて、大分の活力に貢献する」することを企業理念として活動しています。

この理念に基づいて、「地域の元気をトリニータに、トリニータの元気を地域に」を合言葉に、今年度キックオフした「ふるさと応援隊」企画の第2弾として、「佐伯市を盛り上げよう」企画を、8月10日(土)に、昭和電工ドームで開催されるヴィッセル神戸戦で行います。多くの方のご来場をお待ちしています。

 

トップチーム選手による「ふるさと応援隊」が佐伯市を盛り上げます

~海の幸・山の幸を堪能しよう~

 
1 佐伯市の紹介

佐伯(さいき)は佐伯藩の城下町として栄えた江戸時代から、「佐伯の殿様、浦でもつ」と言われているように、豊富な海の幸と山の幸に恵まれ、「世界一、佐伯寿司」をキャッチフレーズに、観光客の誘致にも力を入れています。

2005年3月3日に、旧佐伯市と南海部郡5町3村が合併し、九州の市町村の中で最大の面積を持つ、新たな佐伯市がスタートしました。

佐伯市総合運動公園では、大分トリニータがJ2時代に公式戦も行っていました。また2002年のワールドカップサッカーの際には、チュニジア代表チームのキャンプ地となったように、サッカーが市民の皆さんの生活に溶け込んでいる街です。

 

2 佐伯の海の幸・山の幸を堪能しよう企画

♢第三セクター「まちづくり佐伯」が提供する地域特産品を制覇しよう!

・冷たいあまざけ(ノンアルコール)

・行列のできる宇目のからあげ …揚げたて!

・蒲江のすり身 …揚げたて!

・米水津(よのうづ)のお魚小判 …揚げたて!

※「まちづくり佐伯」は、「さいき本舗 城下堂」に出店しています。

 

♢佐伯豊南高校を盛り上げよう!

・かき氷(宇目産ブルーベリー、上浦産甘夏)

・タピオカドリンク

・鶴見の真珠のアクセサリー

※佐伯豊南高校の生徒さんが開発したオリジナル商品です。

※「さいき本舗 城下堂」内の、学校のアンテナショップ「豊南味来堂」でも販売しています。

 

♢選手もニータンも盛り上げます!

・当日は、選手やニータンも参加して佐伯市を応援します。みんなで佐伯市を盛り上げよう!


関連記事