2020鹿児島キャンプレポート6日目(1月29日)

キャンプ6日目。この日は13時からヴァンフォーレ甲府とのトレーニングマッチ。そして今日から31日まで3日間、羽田健人選手、高橋祐翔選手の2人はJリーグの新人研修に早朝ホテルを出発した。
今朝はトレーニングマッチのため、トリ散歩はなし。朝から日差しもこぼれ、今日はよい天気になりそうだ。選手はいつものように試合食を食べてグラウンドに向かった。
晴天の中、グラウンドには平日にもかかわらず約100人の観客が訪れた。わざわざ大分から来られた方を含めて、改めて頭が下がるし、いつもご声援ありがとうございます。観客の中には、片野坂知宏監督のお母さんや監督の母校鹿児島実業で長年監督をされた松沢隆司さんの奥さまも訪れ、差し入れと合わせてチームへ応援をいただいた。ありがとうございます。
トレーニングマッチは、45分を3本行う変則マッチ。結果は1-0、0-0、2-0、合計で3-0で勝利した。そしてこの日はメディアの皆さんも多く、昨日に続き大分放送さん、大分朝日放送さんに加え、NHK大分さん、大分合同新聞さん、エルゴラさん、オーエスさん、スポーツニッポンさんが取材に来ていただいた。松本怜選手、高畑奎汰選手、野村直輝選手、渡大生選手、佐藤和弘選手、小塚和季選手、伊佐耕平選手、そして片野坂知宏監督が囲み取材を立て続けに受けた。
18時半から夕食。選手もトレーニングマッチでの疲れを補うように美味しい食事をモリモリと食べていた。今晩の人気メニューはおでんのようでした。
今日でキャンプ6日目が終了。いよいよ折り返しを過ぎた。ルヴァンカップ開幕まで20日を切った。いよいよチーム力アップに向けてキャンプのトレーニングも加速していく。