MATCH
INFORMATION
試合情報

NEXT MATCH

HOME

2020明治安田生命J1リーグ 第20節

清水エスパルス

10.03 Sat/ 19:00

vs 清水エスパルス

昭和電工ドーム大分

※上限14,000人

PAST MATCH試合情報

2018明治安田生命J2リーグ 第12節 vs 大宮アルディージャ

01.01 Thu   14:00

昭和電工ドーム大分

大分トリニータ
HOME
  • 前半
  • 後半
大宮アルディージャ
AWAY

STARTING MEMBER

  • ゴール 0点
    出場試合 0試合(通算0試合)
    出場時間 0分
    過去10試合の
    平均得点数
    0 点
    生年月日 -
    身長/体重 -/-
    出生地 -
  • ゴール
    出場試合 試合(通算0試合)
    出場時間
    過去10試合の
    平均得点数
    0 点
    生年月日 -
    身長/体重 -/-
    出生地 -

SUBSTITUTE

  • ゴール
    出場試合 試合(通算0試合)
    出場時間
    過去10試合の
    平均得点数
    0 点
    生年月日 -
    身長/体重 -/-
    出生地 -
  • ゴール 0点
    出場試合 試合(通算0試合)
    出場時間 0分
    過去10試合の
    平均得点数
    0 点
    生年月日 -
    身長/体重 -/-
    出生地 -

スタッツ

得点
0 シュート 0
0 FK 0
0 CK 0
0 PK 0
警告
退場

試合環境

入場者数
天気
気温
湿度
主審
副審

選手交代



Half time comment

ハーフタイム監督コメント

■大分トリニータ  片野坂知宏監督

テンポよく、シンプルにボールを回すこと
粘り強く、我慢強く守備をすること
後半の入りをしっかり、バラバラにならないこと

Head coach comment

片野坂知宏監督

素晴らしい大分銀行ドームのピッチで、GW中に1万人を超えるファンやサポーターの方に足を運んでいただき、J1から降格してきた大宮さんを相手に、今日は本当に勝ちたいゲームだった。
 
ただ、やはり大宮さんの一人一人の能力、チームとしての戦術。われわれに対して非常にアグレッシブに戦ってこられ、なかなか自分たちの戦いをやらせていただけなかった。厳しい、手強い相手だと感じた。その中で先制点を取れたことはわれわれに勇気を与えてくれたが、そこから若干、受けに回ったり大宮さんのつなぎのテンポに対し自陣で構えてしまった。本来であればもう少し高い位置でブロックを作ったり、ボールを奪いに行ったりしたかったのだが、大宮さんは判断も質も良く、取りに行ってもかわされるというところでは難しかった。
 
守備に関してはもう少し自分たちからアクションを起こし、取りどころを作って奪いにいきたいという課題もあるし、攻撃に関しても4-4-2の大宮さんに対してボールを動かすというところに、選手はトライしてくれたと思うが、まだまだ判断や質を積み上げていかなくてはならないという課題が出た。
 
難しいゲームだったが、この敗戦を糧にして次に生かす。また中2日でJ1から降格した新潟さんとアウェイで戦わなくてはならないので、どれくらい修正できるか、どういうメンバーで臨むかというところをしっかり考えて準備したい。ずるずる行かないように、どういうメンバーであっても自分たちの戦いが出来るように切り替えてやっていくしかない。42節終わったときに目標達成できるよう、修正してやっていきたい。

Player’s comment

DF 14 岸田翔平

得点に絡む仕事がしたかった。攻撃のときに相手のDFラインの変化を見てクサビを入れたりサイドのスペースを使ったりしようという狙いがあったので、そこをもっと上手く使えれば良かったのだが、相手の守備の距離感が良く、ちょっとパスが入れづらかった。僕もひさしぶりの出場だったし、やりづらいなという感じがあった。
 
最近ずっとベンチで試合を見ていて、ウイングバックから仕掛けて中を使ったり縦に行ってクロスを入れたりという場面が多かったので、僕も自分なりの良さを出してそういう場面を作りたいと思っていたのだが、あまりサイドでもらって1対1で仕掛けるような場面もなかった。もっと自分の良さを出していかなくてはならない。

MF 15 清本拓己

いままで何試合か途中出場した中でも結構シュートは打っていたが、今日はスタートから出場できるのでもっとたくさん打てると思っていた。FKでも直接ゴールを狙えた。ゴールシーンは相手DFと1対1でGKも見えていたが、もうワンテンポ持ったら潰されると判断して、思い切って振り抜いた。チャンスはまだいくつかあったので、その決定機を決めていれば、また試合の流れも変わっていたのではないかと思う。
 
負けてしまったが、自分たちのサッカーも出来ていたし、サイドを経由して中を崩してという場面も作れた。そう考えれば悪いゲームではない。次節の新潟戦まで中2日しかないので、すぐに切り替えて準備したい。