MATCH
INFORMATION
試合情報

PAST MATCH試合情報

2018明治安田生命J2リーグ 第41節 vs ツエーゲン金沢

11.10 Tue   14:00

昭和電工ドーム大分

大分トリニータ
HOME
  • 前半
  • 後半
ツエーゲン金沢
AWAY

STARTING MEMBER

  • ゴール 0点
    出場試合 0試合(通算0試合)
    出場時間 0分
    過去10試合の
    平均得点数
    0 点
    生年月日 -
    身長/体重 -/-
    出生地 -
  • ゴール
    出場試合 試合(通算0試合)
    出場時間
    過去10試合の
    平均得点数
    0 点
    生年月日 -
    身長/体重 -/-
    出生地 -

SUBSTITUTE

  • ゴール
    出場試合 試合(通算0試合)
    出場時間
    過去10試合の
    平均得点数
    0 点
    生年月日 -
    身長/体重 -/-
    出生地 -
  • ゴール 0点
    出場試合 試合(通算0試合)
    出場時間 0分
    過去10試合の
    平均得点数
    0 点
    生年月日 -
    身長/体重 -/-
    出生地 -

スタッツ

得点
0 シュート 0
0 FK 0
0 CK 0
0 PK 0
警告
退場

試合環境

入場者数
天気
気温
湿度
主審
副審

選手交代



Half time comment

片野坂知宏監督

後半集中して入ること
相手のカウンターへのリスク管理をしっかり
慌てずにしっかりボールを動かすこと

Head coach comment

片野坂知宏監督

金沢さんがわれわれに対してどういった形で攻撃・守備をしてくるかというところが、想定していたのとは若干違いがあったと感じた。守備で非常にオーガナイズされ、われわれの攻撃の目を摘むプレッシャーをかけてきたことで、この守備を崩すのに難しさを感じる前半だった。選手はそういう中でも焦らずに狙いを合わせてやろうと試みたところは、これまでのゲームと違って、プレッシャーがある中での戦い方に集中してやってくれたのではないかと思う。
 
前半終了間際に2度ほど決定機があり、ああいう形の動かし方ができるようになったのも、プレッシャーを感じることなく自分たちの戦いができるようになったなと、前半を終えて感じた。後半もおそらく金沢さんにも隙やスペースができてくるのではないかというところで、我慢が必要になる。焦らずに90分の戦いをしなくてはならないと言って選手を送り出し、選手もチャレンジしてくれた。セットプレーからの得点も大きかったし、追いつかれたあとも交代選手を含めてバランスをしっかり取ってくれながら、個人技ではあったが川西が非常に大きな得点を挙げてくれ、2-1で勝つことができた。

Player’s comment

MF 48 川西翔太

勝ててよかった。さんぺー(三平和司)と一緒に途中出場するとき、勝ちにつながるプレーをしたいねと話していたのだが、それができてよかった。
 
——ゴールシーンを振り返って。
 
後ろがカバーに来ているかどうかを見たときに来ていなくて、後ろはみんな中の対応をしていたので、勝負したら行けるかなと判断した。
 
メンバーに入っていない時期に、同様にメンバーに入っていない選手たちと一緒に「チャンスが来たときにちゃんとやれるよう腐らずにやろう」と言い合いながら練習してこれた。自分はこうしてチャンスをもらえてよかったが、今年最後にみんなで笑えるように、メンバーに入らなかった人たちのために、試合に出ている人が頑張れたらと思う。

DF 5 鈴木義宜

——ゴールシーンを振り返って。
 
キヨ(清本拓己)のキックの速さと助走の短さがわかっていたので、タイミングを合わせて入っていった。(自分のマークについていた選手が)結構離れていたので、タイミングさえ合えば行けるなと思っていた。
 
——前節の横浜FC戦ではセットプレーから失点したが、今節は得点できた。
 
セットプレーでは、タイミングといいボールが入ってこられると防げないところもある。それをこちらの攻撃で、この大事な試合で出せてよかった。
 
——最終節・山形戦に向けて。
 
他会場の結果も多少は気になるかもしれないが、いつもどおりいい準備をして臨みたい。