MATCH
INFORMATION
試合情報

NEXT MATCH

HOME

2024明治安田J2リーグ 第2節

横浜FC

03.02 Sat/ 14:00

vs 横浜FC

レゾナックドーム大分

PAST MATCH試合情報

 vs 

. 9:00

HOME
0
AWAY
0

STARTING MEMBER

SUBSTITUTE

スタッツ

得点
0 シュート 0
0 FK 0
0 CK 0
0 PK 0
警告
退場

試合環境

入場者数 -
天気 -
気温 -
湿度 -
主審
副審

選手交代

Half time comment

ハーフタイム監督コメント

■大分トリニータ  片野坂知宏監督

・取ったボールをしっかりとつなぐこと
・0-2は1点取ったらわからない。トライしていこう。

Head coach comment

片野坂知宏監督

水曜日のナイターで雨の中、大分のファン、サポーターの方々が最後までわれわれを応援してくださったのだが、残念な結果になってしまい申し訳ない。
 
神戸さんと戦う中で、まず神戸さんがどういうメンバーを選考してわれわれに対して臨んでくるのかというところで、ルヴァンカップということで今日戦ったメンバーで来るだろうとは予想していた。始まってみて、やはり神戸さんとの力の差というか、判断や質やゲームの進め方に関しても、まだまだわれわれは力が足りないということを感じることができた。
 
本当に力のあるメンバーが神戸さんにはいて、そういった選手たちと戦えたことは、今日出場したメンバーにとって非常にいい経験値になったと思う。だが、やはり0-2での敗戦、得点を挙げられなかったこと。失点も、もしかしたらもう少しやられていた可能性もある中で、非常に悔しい敗戦になった。
 
今度はリーグ戦。そしてルヴァンカップも残り2試合をホームで戦える。ホームで神戸さんを迎えることもできる。そのときに今日のゲームよりもっといいゲームができるよう、今日の敗戦を教訓にし、次回戦うときには勝てるようにいい準備をして、全員で戦っていきたい。

Player’s comment

DF 38 高畑奎汰

後半に相手を押し込んだ状態になっても、ただ回しているだけという感じになってしまうことが多く、縦パスなどチャンスになるようなボールをもっと入れてもよかった。精度の高いボールを入れられれば得点につながったと思う。崩せるチャンスもあったのだが、クロスやシュートの質をもっと上げていかなくてはならない。
 
ボールを回して剥がすところではいい部分もあったのだが、いちばんはゴール前で慌てずにやること。もっとミドルシュートを打ったりすれば相手も出てきたかと思う。最後の質が最大の課題だった。
 
——相手のプレッシャーがあった中でも、個人的には立ち上がりから落ち着いていたのでは。
 
相手が前から来るのは想定内だったので焦らずにプレーできた。相手が前から来てくれれば裏を取れる。そこは落ち着いて見ることができたと思う。