MATCH
INFORMATION
試合情報

NEXT MATCH

HOME

2024明治安田J2リーグ 第2節

横浜FC

03.02 Sat/ 14:00

vs 横浜FC

レゾナックドーム大分

PAST MATCH試合情報

 vs 

. 9:00

HOME
0
AWAY
0

STARTING MEMBER

SUBSTITUTE

スタッツ

得点
0 シュート 0
0 FK 0
0 CK 0
0 PK 0
警告
退場

試合環境

入場者数 -
天気 -
気温 -
湿度 -
主審
副審

選手交代

Half time comment

ハーフタイム監督コメント

■大分トリニータ  片野坂知宏監督

・後半も0-0のつもりで戦うこと
・余裕を持って、シンプルに、正確に
・残り45分集中してどれだけできるか

Head coach comment

片野坂知宏監督

大分から1300人くらい、たくさんの方に駆けつけていただいて感謝している。本当に心強かった。勝点1に終わったが、選手もしっかり戦ってくれたと思う。
 
前半と後半でまるっきり違う展開になり、G大阪さんもいろんなチーム事情がある中で、われわれに対して準備されてきたと思う。前半に得点できたことが非常によかった。後半、ああいう形でG大阪さんが圧をかけてくることは想像していたのだが、想像以上に非常にプレッシャーがかかった。こういうゲームを勝点1で終えたことも非常にポジティブなことだと思うが、後半は押し込まれた状況の中でもワンチャンスで決め切れればという場面があったので、そういう中で勝点3を取れるように目指していかなくてはならない。
 
わたし自身にとっても古巣だったし、このパナソニックスタジアム吹田で指揮をとれる幸せも感じていた。G大阪さん相手に本当に難しい試合になるとは思っていたが、予想どおり、やはりこれがJ1の戦いだということも感じた。でも、これに立ち向かい、勝点を積み上げて、われわれの目標であるJ1残留を決めなくてはならない。いい勉強をさせていただきました。

Player’s comment

FW 45 オナイウ阿道

——ゴールシーンを振り返って。
 
GKが出てくるかこないかがわからず、脚を伸ばせば届くかと思ったのだが届かず、来たボールが跳ね返って入った。ラッキーなゴールだったが取れてよかった。先制点はそこから試合を運んでいくにあたりすごく重要だと思うが、先制後は相手がなかなかプレッシャーに来なかった中で、僕たちも少し攻めあぐねていた。そういったところで僕自身もチームも、もう少し攻め手を増やせればチャンスになりそうなシーンはたくさんあったので、その質を高めていきたい。

MF 32 前田凌佑

後半は、G大阪の個人の力とチームの力の高さを実感した。圧力をかけられて自分たちの時間が作れていない中での失点だった。最近は勝っているときの試合の運び方や時間の使い方があまり上手く行っていないので、チーム全体で考えていかなくてはならない。
 
相手はメンバー的にも前半はしっかり構えて守り、後半に攻撃的な選手を入れて仕掛けてくるとわかっていたのだが、相手には個人で崩せる選手がいて、自分たちもそれに圧倒されているところがあった。それはピッチ上で修正していくしかない。前半のようなプレーを後半も出来るようにしなくてはならない。90分通して大分らしいサッカーが出来るようにしたい。