MATCH
INFORMATION
試合情報

PAST MATCH試合情報

 vs 

01.01 Thu   0:00

HOME
0
AWAY
0

STARTING MEMBER

SUBSTITUTE

スタッツ

得点
0 シュート 0
0 FK 0
0 CK 0
0 PK 0
警告
退場

試合環境

入場者数 -
天気 -
気温 -
湿度 -
主審
副審

選手交代

Half time comment

ハーフタイム監督コメント

■大分トリニータ  片野坂知宏監督

・後半が勝負。集中して入ること
・守備は粘り強くやること
・攻撃は早くポジションを取ってつながること

Head coach comment

片野坂知宏監督

中2日でのホーム2連戦。4連休明けの水曜日のナイトゲームにたくさんの方々がわれわれの勝利を願って応援に来てくださったにもかかわらず、残念ながらこの結果になり、悔しいし申し訳ない。
 
中2日という短い準備期間だったがホームでの2連戦だったので、このメンバーでチャレンジしようと送り出したのだが、90分の試合のマネジメントのところでも広島さんが、スタートのフレッシュさ、後半からの交代選手のクオリティーで、ゲームプランの中でわれわれを上回った。われわれとしても後半の勝負どころでカードを切ったのだが、それがなかなか上手く機能せず、チャンスを作り出せずに完敗だったと感じている。
 
連戦ですぐまた試合があるので、いるメンバー、フレッシュな選手を含め、鹿島戦に向けてどういうメンバーがいいのかをしっかり見極めた中で、またトライしていきたい。
 
——1失点目の場面について。
 
飲水後の立ち上がり、われわれがプレッシャーに行ったところからシンプルにフリックでサイドを突いてそのこぼれ球を拾われてというところで、少し隙を作ったというか、ベンチから見ているかぎりでは対応できたのではないかというところで、あれよあれよで失点してしまった。そういう対応は予測や判断、集中力といった部分で解決できるところもあったと思う。あの先制点は本当に痛かった。

Player’s comment

DF 23 高山薫

——残念な結果になったが、試合を振り返って。
 
3連勝できていたし、勝ちたかったので悔しい。ミラーゲームで相手のポジションとかぶっていたので局面を打開するのは難しかったのだが、チームとしての狙いがあった。上手く表現できず、もっと出したかった。
 
——広島の守備はやはり堅かったか。
 
交代後にピッチの外から見ていても最後のところはやらせてもらえなかった。もっと自分たちから工夫して仕掛けていかなくては得点は出来ないと感じた。

DF 3 三竿雄斗

——なかなかチャンスを作れず、三竿選手のシュートまでシュートがなかったが。
 
やはり守備の堅い相手なので、なかなかシュートを打てないだろうと思っていた。自分にチャンスがあれば積極的に狙っていこうと思っていた。枠に行かなかったので、もう少し練習から意識していきたい。チームとしても全然シュートを打てていないので、もっと打っていかなくてはならない。
 
——失点場面については。
 
給水明けすぐの失点。ゲームが切れたときには集中が切れやすい。自分たちもfフワフワしてしまった中での失点だったと思う。