MATCH
INFORMATION
試合情報

NEXT MATCH

AWAY

2024明治安田J2リーグ 第12節

ロアッソ熊本

04.28 Sun/ 13:00

vs ロアッソ熊本

えがお健康スタジアム

PAST MATCH試合情報

 vs 

. 9:00

HOME
0
AWAY
0

STARTING MEMBER

SUBSTITUTE

スタッツ

得点
0 シュート 0
0 FK 0
0 CK 0
0 PK 0
警告
退場

試合環境

入場者数 -
天気 -
気温 -
湿度 -
主審
副審

選手交代

Half time comment

ハーフタイム監督コメント

■大分トリニータ  片野坂知宏監督

・セカンドボールとバランスを取ること
・攻撃は大胆にチャレンジしよう
・もう一度集中して入ること

Head coach comment

片野坂知宏監督

まずは今回、熱海市で土砂災害があり、今週は静岡県地方は本当に大雨で大変な状況だったと思う。災害に遭われた方、そのご家族や関係者の方々に、この場をお借りして心から御見舞い申し上げます。こういう困難な状況下でわれわれがサッカーが出来ること。みなさんの励みになるゲームをと、アウェイの清水戦に臨んだ。
 
今日のゲームの重要性、勝点3を取ることが大事なのは十分にわれわれも選手もわかっていて、お互いに気持ちの入ったゲームになったと思う。ホームではセットプレーでわれわれが1−0で勝利したが、今節はアウェイでセットプレーで0−1でやられてしまって、結果が出なかったことに責任を感じているし、悔しい思いでいっぱいでいる。
 
まず清水さんがわれわれに対して3バックで来るのか4バックで来るのかを予想し、そういう中で準備していた。それに関しては選手は集中して出し切り、90分間切らさずやってくれたと思う。攻撃に関しても、自分たちでしっかりとボールを動かした中でボックスにボールを入れてなんとか得点をと狙っていたのだが、結果的に得点を奪えておらず、まだまだ力が足りない。得点しなくては勝点3につながらない中で、狙いを合わせて継続して質を高めていくしかないと感じている。
 
ここから水曜日に天皇杯、土曜日にはホームで浦和戦。本当にタイトなスケジュールの中で戦わなくてはならないが、まずはしっかりと切り替えて天皇杯を勝ち上がれるように。そして、浦和さんにはアウェイで2−3で敗れて非常に悔しい思いをしたので、ホームでリベンジできるように、いい準備をしたい。

Player’s comment

MF 11 下田北斗

——前半からボールを粘り強く動かしたが、いい形で前線まではなかなか運べなかった。
 
やはり順位の近いチームとの対戦とあって、お互いに少し硬かった。ボールを持ってそこを崩せていないというのは今日の試合に限ったことではなく、得点をなかなか取れていないという現状に関して、課題に感じている。もう少しみんなで勇気を持ってボールを前に運ばなくてはならないとつねに思っているし、僕自身も相手の怖いところに顔を出して、いいところにボールをつけられるようにしなくてはならない。
 
——失点後に割り切った戦法に切り替えてからのほうが迫力が出せていたのでは。
 
最後に[4−4−2]にしてポジションを変え、ロングボールを使って相手を押し込めたのは、先制した相手が1点を守り切りたいというところでディフェンスが下がったというのもあると思うし、0−0の状況であれを出来るかというと、僕的には正直、難しいと思っている。つねにああいうことが出来るわけではないので、それより0−0の状態でしっかりボールを動かし、自分たちから相手を動かして、意図した狙いでチャンスを作っていかなくてはならない。