最新試合情報

6月1日(土)14:00 @味の素スタジアム

2019明治安田生命J1リーグ第14節 FC東京 vs 大分トリニータ

【HOME】 FC東京

3 2 前半 0 1
1 後半 1

試合終了

【AWAY】 大分トリニータ

スターティングメンバー
GK33林 彰洋
DF2室屋 成
DF32渡辺 剛
DF3森重 真人
DF25小川 諒也
MF15久保 建英
MF8髙萩 洋次郎
MF18橋本 拳人
MF10東 慶悟
FW9ディエゴ オリヴェイラ
FW11永井 謙佑
サブメンバー
GK1児玉 剛
DF5丹羽 大輝
DF6太田 宏介
MF45アルトゥール シルバ
FW17ナ サンホ
FW21ユ インス
FW23矢島 輝一

30分 橋本 拳人

39分 久保 建英

90+1分 久保 建英

得点

59分 オナイウ 阿道

13

シュート

4
16

FK

10
6

CK

1

PK

  45+1分 東 慶悟

警告
退場

  50分 島川 俊郎

  67分 ティティパン

選手交代

68分 永井 謙佑  ユ インス

81分 ディエゴ オリヴェイラ  矢島 輝一

87分 東 慶悟  ナ サンホ

58分 星 雄次  後藤 優介

58分 島川 俊郎  ティティパン

81分 岩田 智輝  三竿 雄斗

試合環境
入場者数 25,175人 天気 晴時々曇
気温 28.8℃ 湿度 34%
主審 飯田 淳平 副審 八木 あかね、塚越 由貴
スターティングメンバー
GK1高木 駿
DF5鈴木 義宜
DF29岩田 智輝
DF39庄司 朋乃也
MF4島川 俊郎
MF7松本 怜
MF19星 雄次
MF40長谷川 雄志
FW10藤本 憲明
FW14小塚 和季
FW45オナイウ 阿道
サブメンバー
GK31ポープ ウィリアム
DF16岡野 洵
DF3三竿 雄斗
MF20小手川 宏基
MF23高山 薫
MF44ティティパン
FW9後藤 優介

J'sゴールテキストLive

関連記事

試合コメント

ハーフタイムコメント

片野坂知宏監督

・取り返すためにもひとつひとつ丁寧に
・守備はもっとアグレッシブに
・45分、全員で切れずに戦うこと

試合後コメント

片野坂知宏監督

首位・東京さんを相手に、われわれとしては、これまで積み上げてきたこと、今日の東京戦に向けて準備してきたことを、とにかくチャレンジしようと。思い切ってアグレッシブにプレーして、いいゲームをすることが、今後につながる。勝敗とか点差とかに目を向けず、試合に集中していいゲームをしようと話して選手を送り出した。
 
立ち上がりは硬さもあり、相手の動かしの上手さもあった。やはり東京さんはわれわれのことをしっかりと分析されて、危ない場面が多く、非常に厳しい試合の入りになった。前半はなかなか攻撃の形も、準備してきたことが出し切れていなかった。選手も東京さん相手というところでの緊張やプレッシャーが、もしかしたらあったかと思うが、少しもったいない前半になったと思う。
 
後半も、0-2になったことで、割り切って少し攻撃的に行こうということで変化をもたらし、なんとか1点返すことができたのだが、やはり東京さんの守備の集中や球際、要所を閉めるところなど、非常に難しさがあった。われわれがそこを上回る狙いがあったのだが、やはり許してくれない。逆に東京さんはわれわれのミスや一瞬のところを突いて、結果として出してくる。その差が、われわれがJ1で上位に行くためには足りなさがあると感じた。前節の川崎F戦に続き次節も間が空いて名古屋戦と、上位との対戦が続く。非常に厳しい相手で、われわれとしてはチャレンジするしかない。この中断の2週間を、なんとかポジティブに、そしていい方向に持っていけるように、まずは選手のコンディションやメンタル的なところを回復させて、ホームでの名古屋戦で勝点につながるいいゲームができるように準備するしかないと感じている。

選手コメント

MF 14 小塚和季

——今日は少し難しいタスクを背負ってプレーしていたが。
 
変則的なポジションで、難しかったと思う。4-4-2の相手に対して僕らも戦術的に進化していかなくてはならないので、そういう中でポジションを取ったのだが、練習でやったことが上手く出せなかった。
 
——勝負のパスがなかなか入らないが、やはり相手は堅かったか。
 
僕のポジションもそうだが、このチームは縦パスがなかなかないので、今日のような激しいプレスの中でもビビらずに受けたり出したりを続けていかないと、サイドだけではやはり厳しいと思う。
 
——次節に向けて。
 
いま2連敗したが、ちょうど2週間の中断期間があるので、次の名古屋戦でいいプレーができるように修正していきたい。