最新試合情報

6月22日(土)18:00 @ノエビアスタジアム神戸

2019明治安田生命J1リーグ第16節 ヴィッセル神戸 vs 大分トリニータ

【HOME】 ヴィッセル神戸

2 2 前半 1 2
0 後半 1

試合終了

【AWAY】 大分トリニータ

スターティングメンバー
GK18キム スンギュ
DF22西 大伍
DF33ダンクレー
DF15宮 大樹
DF19初瀬 亮
MF5山口 蛍
MF6セルジ サンペール
MF14三田 啓貴
FW13小川 慶治朗
FW7ダビド ビジャ
FW17ウェリントン
サブメンバー
GK1前川 黛也
DF25大﨑 玲央
DF34藤谷 壮
MF16古橋 亨梧
MF27郷家 友太
MF35安井 拓也
FW21田中 順也

6分 ダビド ビジャ

26分 ウェリントン

得点

8分 オナイウ 阿道

89分 小林 成豪

14

シュート

6
7

FK

11
5

CK

3

PK

  12分 初瀬 亮

警告
退場

  42分 前田 凌佑

選手交代

74 三田 啓貴  古橋 亨梧

76 セルジ サンペール  安井 拓也

90 ダビド ビジャ  郷家 友太

46* 庄司 朋乃也  刀根 亮輔

55 島川 俊郎  長谷川 雄志

69 小塚 和季  小林 成豪

試合環境
入場者数 20,192人 天気
気温 26.5℃ 湿度 55%
主審 村上 伸次 副審 山内 宏志、和角 敏之
スターティングメンバー
GK1高木 駿
DF3三竿 雄斗
DF5鈴木 義宜
DF39庄司 朋乃也
MF4島川 俊郎
MF7松本 怜
MF23高山 薫
MF32前田 凌佑
FW10藤本 憲明
FW14小塚 和季
FW45オナイウ 阿道
サブメンバー
GK31ポープ ウィリアム
DF41刀根 亮輔
MF19星 雄次
MF25小林 成豪
MF40長谷川 雄志
FW9後藤 優介
FW27三平 和司

J'sゴールテキストLive

関連記事

試合コメント

ハーフタイムコメント

片野坂知宏監督

・後半集中して入ること
・守備はコンパクトにすること
・攻撃は我慢強く、ボールを動かすこと

試合後コメント

片野坂知宏監督

神戸さんは監督が代わられて2戦目。前節のFC東京戦では[4−4−2]だったが、われわれに対してはどういう準備をされてくるのかなというところが予想しづらい状況だった。その中で、おそらくわれわれに対しても東京戦のような形でやってくるのではないかと想定していたところ、試合がはじまってみるとそういう形で来られた。それで今週のトレーニングで準備してきたことが試合の中で90分間通して出来たかなと思う。
 
失点場面は非常にもったいないと言えばもったいないのだが、われわれはボールを保持して相手を剥がしていくことを、ピッチでトライしている。神戸さんのプレスの圧や、この雰囲気の中でのプレッシャーを、選手は少し感じていたかもしれないが、勇気を持って最後まで自分たちの戦いを貫いてくれたと思う。そこは本当に選手に感謝したいし、選手を誇りに思う。
 
そういう中で、自分たちが招いた失点を最後になんとか取り返し、勝点1につなげることができた。非常に大きい勝点1になると思う。この勝点を生かし、今日の試合で出来なかったことを修正して、さらに構築のところで相手を剥がしてチャンスを作れるようなチームにしていかなくてはならないと感じている。
 
やはり神戸さんの個の能力は非常に高かった。われわれにはないものだと思う。そういう相手に対してわれわれがこのリーグで何を強みにしていくかというと、グループとして攻守に合わせていくしかない。なんとかこの戦いを最後までブレずに貫いて、目標であるJ1残留を勝ち取り、トライしてまた次につながるゲームをしていきたい。

選手コメント

MF 25 小林成豪

——途中出場でチームに勢いをもたらした。
 
少しでも流れを変えようと思って積極的に仕掛けた。スペースが空いていたので自分の特長を生かせると思った。ベンチから見ていてもあまりよくわからなかったのだが、ピッチに入ってみると結構スペースが空いているなと。そこで裏に抜けたり足元で受けてドリブルしたりが効果的になるのではないかと考えた。
 
——ゴールシーンを振り返って。また、勝点1につながるゴールだったが。
 
狙いどおりのゴールだった。裏が空いていた。いいボールが来て、しっかり決めることができてよかった。2−1で負けている状態で出場して、最低限の結果を残すことができた。
 
——今季はなかなか出場機会がなかったが。
 
ヤバいと思っていた。不安もあったしメンタルが落ちた時期もあったが、いつかチャンスが来るだろうと思いながらやっていた。まだ少しだが出場できて、ひとまずよかった。