TORITENトリテン

闘う言葉

【記者会見】下平隆宏監督「チームにとって大きな一試合だったと思っている」

 

まず、G大阪さんは非常に選手層も厚く、強かった。大分の前監督の片野坂監督が、最後のところも練っていて、いいチームだと感じた。リーグ戦も頑張ってほしいと思っている。

われわれはフレッシュなメンバーで臨み、結果は1-3で残念なものとなったが、終わった後には選手たちを讃えた。戦ってくれたこと、自分たちのタスクを全うしてくれたこと。なにより選手たちが最近、自分たちで自発的に戦っていくということをずっと話していた中で、本当にそういう部分をピッチでやってくれた。そういった意味では、負けはしたが、チームにとって大きな一試合だったと思っている。

先制した中で残念ながらひっくり返されてしまったが、そういったところは当然、個々の反省もあるし、ミスからやられたところもあったので、選手たちと改善していきたい。ただ、今日のゲームについては最後までよく戦ってくれたことがいちばん。選手たちのロッカールームでの言動やプレーで、僕自身も心を揺さぶられるようだった。天皇杯を敗退して、これでリーグ戦だけになったが、この一戦を次につなげていけるようにまた頑張っていきたい。

——呉屋選手がひさしぶりに得点したが。

本当に苦しい時期が続いたと思う。喉から手が出るほどほしい得点だったと思うが、PKではあったが、今日は前線から献身的に守備をして、切り替えも早く、体を張って収めてというところが、ああいった形になった。彼はもともと華麗に点を取るというよりは、泥臭くてもなんとか奪っていく選手だと思うので、今日のプレーを忘れずに次につなげていってほしいと思う。まずは1点取れておめでとう、よかったなという思いでいる。

——今後の復調につながりそうか。

気分的に吹っ切れたと思う。あとは得点もそうだが、チームのために献身的にやるということを実践してくれたので、そこがいちばんの収穫。

——今日は縦パスに積極的にトライして多くの好機を得た。選手たちに意識改革を求めたのか。

まず意識のところは、チームとしておとなしい選手が多く、なかなか自分を出してまで仲間に求めるということが出来ないと感じていた。まずはしっかり自分たちを高めあい一体感を持って戦っていくということを強調した中でゲームに入り、それがああいったかたちで前向きにプレーをすることにつながったかと思う。

あとはここ最近、G大阪は前からマンツーマン気味にプレスをかけてくる。それにつきあわないテイストで今日は背後に背後にとボールを入れて、逆にわれわれがプレスをかけていくというやり方を採った。特に前半はそれが出来た。

——今季はカップ戦でJ1チームとも戦ったが、J1相手とJ2相手で感じることは。

もちろんJ1のチームのほうが個の能力が高いし、チームで守ろうとしてもその上を行かれてしまうような失点がある。選手たちがJ1相手だとモチベーションが上がるというか、チャレンジャーとしてパワーを出しやすいのかなと思う。あとはなんだかんだ言って「J1に復帰しなくてはならない」という重荷を背負ってリーグ戦を戦っているところもあるので、かなりプレッシャーもかかっている。そういった意味でカップ戦のほうが思い切ってプレーできているのかなとも思う。

——今後、リーグ戦に向けては。

まずは今日のメンバーのところ。非常にいい戦いをしたし、いまチームの掲げる一体感を持って戦うというところで、そういったものを出せる特長を持つ選手たちがたくさんいた。今日はロッカールームにドキュメンタリー番組のカメラでも入れて見せたいくらい、僕も心が震えるくらいに選手たちが言い合っていて、それは本当にいい兆候だと思う。おとなしい選手が多い中で、試合前から士気を高め合って、僕が率いるのは3チーム目だが、初めてああいう場面に立ち会った。それだけに勝ちたかったなと思った。

それを選手にも話したし、この雰囲気をスタンダードでやっていかなくてはならないといけない、相手がJ1のG大阪だからというのではなく、どのチームとの対戦でもこれをやっていければ、勝利も見えてくるしJ1復帰も見えてくる。そういう意味で選手たちのこの一戦に懸ける思いは絶対に次につながるはず。