MATCH
INFORMATION
試合情報

NEXT MATCH

AWAY

2022明治安田生命J2リーグ 第17節

ファジアーノ岡山

05.21 Sat/ 18:00

vs ファジアーノ岡山

シティライトスタジアム

PAST MATCH試合情報

 vs 

01.01 Thu   0:00

HOME
0
AWAY
0

STARTING MEMBER

SUBSTITUTE

スタッツ

得点
0 シュート 0
0 FK 0
0 CK 0
0 PK 0
警告
退場

試合環境

入場者数 -
天気 -
気温 -
湿度 -
主審
副審

選手交代

Half time comment

ハーフタイム監督コメント

■大分トリニータ  片野坂知宏監督

・後半集中して入る事
・守備は相手の予想をする事
・攻撃はゆさぶる事

■  マッシモ フィッカデンティ監督

・しっかり追加点を取って勝ち切ろう。

Head coach comment

片野坂知宏監督

ホームで観客を入れて2戦目。前回の神戸戦は引き分けに終わったので今回は勝ちたかったのだが、いま調子のいい名古屋さんを相手に厳しい試合、残念な結果になった。これは選手だけでなくわたしの準備や試合に向けて足りないところがあったこと、自分の責任だと痛感している。
 
ゲームプランの中で名古屋さんは非常に守備が堅く、攻撃でも決定力のあるタレントが多くいる中で、なんとか0−0で前半を終え、粘り強く90分のゲームを戦いたいという狙いをもって選手たちを送り出した。粘り強く戦ってはいたかもしれないが、一瞬のところで先制点を奪われ、前節のG大阪戦でもそうだったのだが、また後半の立ち上がりに自分たちのCKの攻撃からピンチを招き、相手に与えたFKを決められた。この2点目には非常にダメージを受けた。
 
攻撃でなんとか打開しようとしたが上手く機能せず、名古屋さんにしっかりと管理されて、駄目押し点を取られ敗戦した。厳しい試合になって本当に、来ていただいた方々、見ていただいた方々に申し訳ない。3連戦2戦目を終え、すぐに3戦目が中3日であるので、アウェイで厳しい試合になると思うが、今日のゲームも踏まえた中で、どういう選手選考をして清水戦に向けていくかをスタッフとも話しながら、勝点につながるゲームが出来るよう準備したい。

Player’s comment

FW 9 知念慶

——率直に試合を振り返って。
 
チームとして狙っている形がなかなか出せず、取られ方も悪くて、なかなか自分たちのペースで試合を運べなかった。
 
——攻撃の形がなかなか作れなかったが要因は。
 
サイドから崩してクロスという自分たちの狙いの形が全く作れなかったのは、自分たちの単純な技術不足や連係不足。そういう部分をもっと練習ですり合わせていかなくてはならない。僕一人でどうにか出来るチームではないので、チームとして狙いと一体感をもって臨まなくては勝点は取れないと感じた。

DF 2 香川勇気

——堅守の相手に先行されて難しい展開になったと思うが。
 
自分たちのストロングであるサイド攻撃がなかなか上手くいかない部分が多かった。そこのクオリティーの差が出たという印象。
 
——最後は相手が5バックで固めてきたが、どう打開しようと考えていたか。
 
自分たちがやろうとしている戦術を一貫してやらなくてはならないと感じていた。自分たちが普段やっていないことをやるよりは、しっかりと自分たちの強みを出せなくては今後も勝てない。だから、そこにこだわってプレーした。