MATCH
INFORMATION
試合情報

NEXT MATCH

AWAY

2022明治安田生命J2リーグ 第31節

徳島ヴォルティス

08.14 Sun/ 19:00

vs 徳島ヴォルティス

鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム

PAST MATCH試合情報

 vs 

. 9:00

HOME
0
AWAY
0

STARTING MEMBER

SUBSTITUTE

スタッツ

得点
0 シュート 0
0 FK 0
0 CK 0
0 PK 0
警告
退場

試合環境

入場者数 -
天気 -
気温 -
湿度 -
主審
副審

選手交代

Half time comment

ハーフタイム監督コメント

■大分トリニータ  片野坂知宏監督

・集中してはいること
・守備はコンパクトに粘り強く
・しっかりとコミュニケーションをとること

Head coach comment

片野坂知宏監督

本来であれば昨日のフライデーナイトに試合が開催される予定だったのだが、台風の影響で1日順延となって、難しいコンディションの中で今日の鳥栖戦を迎えた。そういう状況の中でアウェイでひさしぶりになんとか勝点1が取れたことはポジティブにつなげていきたい。台風接近して試合が延期になった中、たくさんのファン、サポーターの方々にこの駅前不動産スタジアムまでお越しいただき、最後までわれわれにパワーを与えていただいた。
 
なんとか勝点3を贈りたかったが、選手は集中して鳥栖さんの攻撃に対して体を張り、粘り強く戦ってくれた。その姿勢は非常に良かったと思うし、次に向けてもつなげていきたい。
 
得点の部分でなかなかシュートが打てなかったのは重々承知の上。フィニッシュまで行く精度や思い切りについては、もっとチャレンジしないと得点は難しいと、今日戦いながら感じた。
 
次節の名古屋さんも非常に守備が硬く、攻撃でも個の能力の高い選手がそろっている。難しいゲームになると思うが、今日のようにしっかりと狙いを合わせて戦って、勝点を積み上げていけるよう準備したい。

Player’s comment

MF 11 下田北斗

——アウェイで勝点1の結果についてどう捉えるか。
 
良くはないというのが正直なところ。いまの自分たちの状況を考えると、どんな順位の相手であろうと勝点3が欲しかったのが本音。負けなかったというところもあるが、やはり勝点3が欲しかった。
 
——相手のチャンスが多く、耐える時間が長くなったが、どういう意識で戦っていたか。
 
鳥栖さんはコンビネーションが上手くロングフィードの質も高いので、押し込まれる時間が長かった中で、失点しなかったのは僕たちにとってはプラスだが、ピッチの中で声はかけていても、なかなか自分たちの時間を増やせず、前半は特にやっていて苦しかった。自分たちで主導権を握りたいと僕はつねに思っているし、意図的にチャンスを作っていかなくてはならないと考えている。そういった点が出来ていないので、満足していないし課題だと思う。