闘う言葉

[闘う言葉] 2019/03/18

闘う言葉

 MF 14 小塚和季「相手に時間を与えず決定的な仕事をさせなかった」

 

——戦術の要所を担うポジションで出場したが。

相手のシャドーに自由にやられると後ろもキツくなるので、時間を与えないようにしていた。ふっくん(福森直也)と(高山)薫くんと連動しながら左サイドの守備ができていた。僕と(前田)凌佑の間はパスを通されてはならなかったのだが、何本か通されてしまったので、改善しなくてはならない。相手のシャドーはボールを持つと怖い存在だが、決定的な仕事はさせなかったと思う。

——磐田もやっている戦術だが、短い時間で横浜FMバージョンをよく整理できていた。

磐田戦と違うのは今回は相手が2トップではないというところで、僕が一列下がったところで守備しやすかったのもある。

——ボールを持ったときにのびのびとプレーしていたのでは。

いつもより足元で受けて自由にできた部分があった。

——逆サイドではティティパン選手が高い戦術理解を見せていた。

僕のサイドとは少し守備のやり方が違っていたのだが、よく理解して上手くプレーできていたと思う。

——完封勝利の手応えは。

全員が守備から連動してプレーできたのがこの結果に表れていると思う。勝ったからこれでOKではなく、これを次につなげていきたい。

 


関連記事