試合レポート

[試合レポート] 2019/04/11

試合レポート

 【記者会見】片野坂知宏監督「足りないことがわかったことも収穫になっていく」

 

水曜日のナイターで雨の中、大分のファン、サポーターの方々が最後までわれわれを応援してくださったのだが、残念な結果になってしまい申し訳ない。

神戸さんと戦う中で、まず神戸さんがどういうメンバーを選考してわれわれに対して臨んでくるのかというところで、ルヴァンカップということで今日戦ったメンバーで来るだろうとは予想していた。始まってみて、やはり神戸さんとの力の差というか、判断や質やゲームの進め方に関しても、まだまだわれわれは力が足りないということを感じることができた。

本当に力のあるメンバーが神戸さんにはいて、そういった選手たちと戦えたことは、今日出場したメンバーにとって非常にいい経験値になったと思う。だが、やはり0-2での敗戦、得点を挙げられなかったこと。失点も、もしかしたらもう少しやられていた可能性もある中で、非常に悔しい敗戦になった。

今度はリーグ戦。そしてルヴァンカップも残り2試合をホームで戦える。ホームで神戸さんを迎えることもできる。そのときに今日のゲームよりもっといいゲームができるよう、今日の敗戦を教訓にし、次回戦うときには勝てるようにいい準備をして、全員で戦っていきたい。

——この試合で選手たちに求めたこととその評価、監督としての収穫を。

選手にはまずしっかりと構築して攻撃で上回れればいいなと。得点を挙げたいとチャレンジした。選手もトライはしてくれたと思う。ボールの失い方が悪かったり最後の部分のクオリティーが悪かったり、そういったところには神戸さんとの差を感じた。収穫としては選手が神戸さんのこのメンバーと戦えたこと、そして足りなかったことを、感じられたと思う。怪我人も何人か復帰したりメンバーに入ったりできたことは、リーグ戦と併用して戦う中で戦力として大事になってくる。足りないことがわかったことも収穫になっていくと思うし、まだまだ積み上げていかなくてはならない。

——サイドでボールの奪いどころに迷っていたように見えたが、神戸がああいう形でくるのは予想していたか。

まず神戸さんのメンバーがどうなるかわからなかったが、ある程度は予想どおりだった。ただ、これまでルヴァンカップでは4-3-3で、守備のときには4-1-4-1になったりしていたのだが、今日は4-4-2だった。それならそれでこちらの守備や動かし方も、これまでも戦ってきたので、そのへんは選手たちも理解し判断して戦っていたと思う。だが、トレーニングでは4-3-3の守備対応を準備していたので、サイドのところは後手になり、神戸さんの判断とタイミングでずらされ、上手くかわされた。ちょっと準備不足なところもあったと思う。後半はあまり積極的にボールを取りにいきすぎないようにして、タイミングで取れるような形に修正した。だが見ているだけではボールは取れないし、0-2でビハインドだったので、奪いにいってマイボールにしなくては攻撃できないので、後ろと連動していけるように、そして行くときには迫力をもっていけるように修正した。何度かは前線の制限がハマって守備のスイッチが入り、長いボールを蹴ったときに回収できたりもあったのだが、やはりウェリントン選手などに収まっていたので、前半は前に行っても収まってひっくり返されるという難しさがあった。